みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

ヤンゴンをぶらぶら散策


ヤンゴンの宿には夜10時ごろ着いた。バンコクのホステルを出たのは前日の夕方6時だったから実に28時間の大移動だった。さすがに疲れたのでシャワーを浴びてグッタリ寝る。ヤンゴンには3泊4日の滞在だ。着いて2時間で早くも1日目(2015/05/29)が終了した。



2日目(2015/05/30)。ヤンゴンの宿「アッガ ゲストハウス」は朝食付きだった。朝食を取っていると二人の日本人がチェックインしてきた。シンヤ君とミナミさんです。二人はバガンからのバスで一緒になったとの事。久しぶりの日本人との遭遇です。少しだけ会話して一人で外に出る。とりあえず、宿の周りと駅までちょっと歩いてみる事にした。



ゲストハウス近くのスーパーマーケット



宿の近くでコンビニやスーパーを探す。スーパーは近くにあった。「JAPAN STORE」が気になる。タイではセブンイレブンが50メートルぐらいの間隔で乱立していたが、数年前まで鎖国状態にあったミャンマーにはあるはずもない。やはり、こういった世界的な大手チェーンはまだないのかな?と思ったら・・・



ゲストハウス近くのロッテリア ロッテリアは韓国資本?



ロッテリアがあった。お昼はハンバーガーで決まりです。バーガーの包み紙にはハングル文字が書かれてあった。どうも韓国資本のようです。少しずつ外資も入って来ているのかな?




続きを読む

過酷?悪路?ヤンゴンへの道(ミャンマーへ陸路で国境越え)


ヤンゴンへの道(ミャンマーへ国境越え)



8カ国目はミャンマーです。ミャンマーには国境の町メーソットまで高速バスで行き、歩いて国境を越えます。ミャワディからの道は一日おきに片側一方通行が入れ替わると言う狭くて過酷な悪路と聞く。だが、すでにヤンゴンの宿をネットで予約してしまった。しかも3泊も。一方通行でその日の内に行けるかも分からないのに・・・気づいてキャンセルしようと思ったらキャンセル不可だった。行けなかったら一泊分の宿代がパーだな~。行けるかどうかは五分と五分。しかし、僕はこういう時の勝負運にはとことん弱い。



メーソット行きのバスはバンコクの北の外れモーチットバスターミナルから出ている。このバスターミナル、とてもアクセスが悪い。地下鉄のフワランポーン駅がらだとグルリとバンコクの街中を回り最寄駅のチャトゥウチャック駅まで40分ほどかかる。運賃は42バーツと少し高い。



広いクイーン・シリキット公園



そこからバスターミナルへは広い公園がジャマをしている。公園を迂回するか、中を突っ切って行くのだが、この公園、出入り口が少ない! 一度入ると出るのに苦労する。迂回するにしても、中を通るにしてもかなりの距離を歩かなければならない。



モーチットバスターミナル周辺



なので、お勧めはチャトゥウチャック駅の次の駅のカンペンペート駅で降りる。ここから歩いてもそれほど距離は変わらない。駅を出てすぐに週末だけ開くチャトゥウチャック市場もあるし、少し歩けばJJモールと言うショッピングモールもある。しかし、このショッピングモールの店は閉まるの早い!(午後7時にはほとんどの店が閉まる)




続きを読む

バンコク パート2


タクシーミーター



この旅、2度目のバンコクです。世界一周の旅も2ヵ月を過ぎると疲れも溜まってくるようで・・・ バンコクではダラダラと過ごしました。本当は4泊5日のはずが3泊プラスされて7泊8日の滞在です。次は8カ国目のミャンマーなんだけど陸路での国境越えが過酷なようで・・・ 動き出すのに時間がかかった。それにバンコクが快適すぎる。旅人を駄目にする街、バンコクですな!



2度目のバンコクの宿「マスコット ホステル」



2度目のバンコクは街の中心に宿を取った。のんびりとブログの記事でも更新しようと思ったのだが、泊まった宿「マスコット ホステル」のWi-Fi環境が悪くあえなく断念。外に出て少しは観光をする事にした。バンコクではまだ全然観光が出来てません。




続きを読む

マレー鉄道、バス、タイ国鉄の3日間


マレー半島横断地図



さて、シンガポールまでマレー半島を南下して来ましたが、再びタイはバンコクへ戻ります。当初の予定では飛行機を使おうと思っていましたが、やっぱり陸路にこだわろう、マレー鉄道にも乗ってみたい、と言うわけで、マレー鉄道とタイ国鉄を乗り継いでバンコクへ戻る事にしました。しかし、クアラルンプールからハジャイまでの寝台チケットが取れず、この間はお馴染みのバスでの移動となりました(笑)。



バス乗り場の地図



朝は6時に宿を出る。外はまだ薄暗かった。トボトボと歩き20分ほどでブギス駅近くのQueen Streetバスターミナルへ到着。丁度、バスが来てたのでそれに乗ってマレーシアとの国境へ向います。国境へは二つの民間会社と公共の路線バスが走っている。どれに乗っても運賃は同じ3.3SG$(約300円)です。バスは順調に進み朝7時にはシンガポール側のイミグレーションに着いた。1階がバスの停留所、2階がイミグレとなっている。




続きを読む

ランチを食べに日帰り国境越え(ジョホールバル)


シンガポールのマーライオン



貧乏旅にはツライ国、シンガポール。物価の安い東南アジアの国々を回って来たバックパッカーにとってはシンガポールの物価の高さには泣かされます。そこで物価の高いシンガポールを抜け出してマレーシアはジョホールバルまでランチを食べに行ってきました。シンガポールは小さな都市国家。国(都市)の中心部から隣の国までバスに乗れば片道1時間足らずで行く事が出来ます。



ランチを食べに行く。と、言うのは嘘でマレー鉄道のチケットを買いにジョホールバルまで日帰りしました。一日に二度の国境越えは日帰りマカオに続き2度目です(マカオは国境ではないが・・・)。



タイのバンコクからシンガポールまではバスで南下したので、バンコクへは列車で北上する事にした。マレー鉄道とタイ国鉄を乗り継ぎマレー半島を北上する計画だ。まずはマレーシアの国境の町、ジョホールバルまで列車のチケットを買いに日帰りの旅です。




続きを読む