みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

4日目 第12番札所焼山寺(しょうさんじ)、桜屋旅館


4日目は、四国遍路最初の難所、遍路ころがしの第12番札所焼山寺(しょうさんじ)に登ります。ここでは多くの歩き遍路の方と出会いました。遍路ころがしに足止めをくっていたのでしょうか?



遍路ころがし登り口 遍路ころがし展望 遍路ころがし峠道



今日は、さくら旅館からお昼にと、おにぎり弁当のお接待をいただき旅館をスタート。昨晩、ビールをお接待いただいたお遍路さんと同行して藤井寺へ。40分ほどで到着。「お先に・・・。」と、藤井寺を昨日納めている僕は遍路ころがしを登り始める。



するとすぐに老夫婦のお遍路さんを見つけた。「80過ぎてるんです。」て、とても80過ぎには見えないよ。ご夫婦でお遍路。素敵ですね。「若いのにエライね。」だって。失業してやることなく、なんとな~く お遍路に来てるんですけどぉ。



ご夫婦遍路を追い抜いて、しばらく登っていると、なんと昨日切幡寺で出会ったお遍路Bさんと再会。前を歩いていたのね。どうやら藤井寺まで宿の人から車のお接待を受けたとの事。昨日、藤井寺まではちゃんと歩いていたらしい。「やっぱり若い人は早いな。もう追いつかれたよ。健脚だな。お先にどうぞ」と、道をあけてくれた。しばらく行くと休憩所。休んでると3分もしないうちに追いついてきたよ! Bさん。あんたの方が健脚です!




続きを読む

3日目 第8番札所熊谷寺(くまだにじ)~第11番札所藤井寺(ふじいじ)、さくら旅館


3日目は十楽寺の宿坊をスタート。第8番札所熊谷寺(くまだにじ)から遍路ころがしの手前、第11番札所藤井寺(ふじいじ)までを納めます。



十楽寺の朝の勤行は6時30分から。参加は自由。泊まっているのは僕も含め二人。で、一緒に泊まっていたおばちゃん、参加しなかったぁぁ!! 住職と僕、ワンツーマンで・・・ 読経。「この時期、お遍路さん少なくてね・・・」ここでは数珠の持ち方他、参拝の作法などを教えていただきました。ワンツーマンで。7時より朝食。だいぶスタートが遅れた。



熊谷寺のデカイ山門 熊谷寺の中門 熊谷寺本堂 熊谷寺多宝塔



十楽寺を出て次に向かうは熊谷寺。ここには大きな山門があり今までの札所と違い古い感じで、お遍路に来た!!と、実感できるお寺です。熊谷寺を納めて次は第9番札所法輪寺(ほうりんじ)へ。



熊谷寺の山門を出て少しいったところで気づいた! 御影(おすがた)を頂いていない。納経所で頂けるのですが、納経所によって手渡しでくれる所と自分で取らなければいけない所の2種類がある。熊谷寺は自分で取らないといけなかったのだ。戻るのもイヤだ! 諦めモードに入っていると前から茨城のお遍路Aさん。早い。追いつかれた。彼が泊まった安楽寺の朝の勤行は6時から、朝食は6時30分。僕よりスタートが30分早い!!


続きを読む

2日目 第3番札所金泉寺(こんせんじ)~第7番札所十楽寺(じゅうらくじ)宿坊


2日目は極楽寺の宿坊からスタート。第3番札所金泉寺(こんせんじ)から第7番札所十楽寺(じゅうらくじ)までを納めます。



宿坊に泊まると朝6時から朝の勤行。参加は自由なのですが、せっかくだから参加します。6時からと聞いていたのですが、5時50分ぐらいから始まっていたらしいく・・・ 遅れた!! 泊まっていたのは、5人ぐらいの団体さんと自転車のお遍路さん、昨日出会った茨城のお遍路Aさん、そして僕。皆さん遅れていました。そりゃそうだ! 6時って聞いてたもん。



読経が終わり住職、何を話してくれるか期待していると「最近は外国人のお遍路さんが多くてね。特にスペイン、フランス人が多いですね。キリスト教にも巡礼の道というのがヨーロッパにありまして、日本にも同じようなのがあるてんで来るんですわ。たいがい外国人は野宿してるね。・・・ 芸能人も多く来るようになって、最近では卓球の誰だっけ? あ、そうそう四元さんもきたよ。・・・ 弘法大師は・・・。何でこう長々と話すかと言うと朝食がまだ出来てなくてね。」



時間潰しだった。6時32分朝食をいただきます。食事を終え、今日最初の札所金泉寺へと出発。ここからは約40分ぐらいです。お遍路Aさんは先に出たようで靴がありません。早いな!




続きを読む