11月22日の「世界一周スクール大阪」に参加するために大阪まで行ってきました。折角、大阪まで行くのだから日帰りではもったいないと、前日に前乗りして京都観光をすることにした。



京都も紅葉(銀閣寺) 京都の紅葉(清水寺)



しかし、京都と言えば見どころ満載の観光地。手当たり次第に周るのもどうかと思いテーマを決めた。秋も深まるこの時期と言えば紅葉!京都には紅葉の名所がたくさんある。よし!「京都もみじ狩り」と行きますか!(写真はこちら)



市バス・京都バスの一日乗車カード京都観光の旅程表



京都観光はバスと歩きが基本だ。京都市内は一部を除き230円の均一料金です。3回以上乗るなら500円で買える一日フリーパス券「市バス・京都バスの一日乗車カード」が便利です。




京都駅前バスターミナル



京都駅前バスターミナルは長蛇の列ができている。三連休の前日とはいえ今日は平日の金曜日なんだけど・・・京都はいつもこうなのか? 乗ったバスは常にすし詰め状態でした。



まずは、京都随一の紅葉の名所、東福寺へ。 東福寺は25の塔頭(たっちゅう)に囲まれた臨済宗東福寺派の大本山。寺名は奈良の東大寺と興福寺から1文字ずつ取って付けられのだと言う。



臥雲橋前



最初の絶景ポインのト臥雲橋(がうんきょう)に着いた。橋には人だかりが出来ている。「わ~、きれ~い」との声が聞こえてくる。東福寺にはカエデが茂る渓谷に上流から偃月橋(えんげつきょう)、通天橋、臥雲橋が架かっており東福寺三名橋と呼ばれる。



臥雲橋からの紅葉

おおっ!どうりで人だかりができるわけだ。この絶景!



臥雲橋の上はバスと同じくすし詰め状態でした。「まだまだ序の口ですよ。先がありますよ~」とツアーの添乗員さんが必死に誘導していた。先に行こうよ!



東福寺の禅堂と本堂 通天橋への入口



臥雲橋の渋滞を抜け東福寺の境内へ。東福寺には現存最古の三門など、紅葉以外にも見どころは多いが・・・今回のテーマはあくまで「もみじ狩り」だ。伽藍めぐりもほどほどに、次の絶景ポイントの通天橋へ。こちらは有料となっております。



通天橋からの紅葉



通天橋に到着。あたり一面が真っ赤に染まり、まさに絶景が広がっていた。さすが京都随一の紅葉の名所である。



渓谷のカエデと偃月橋

通天橋から見るカエデの渓谷と偃月橋



東福寺の方丈と紅葉

通天橋から見る東福寺の方丈



東福寺通天橋 東福寺通天橋



通天橋を渡った先からは渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)に下る。ここが最後の絶景ポイント。洗玉澗から通天橋を見上げる。



洗玉澗の遊歩道 洗玉澗の遊歩道



真っ赤に染まったカエデの中を歩くと秋の風情が感じられます。しかし、人が多いです。だんだん人に酔ってきた。次は清水寺だ。



清水新道(茶わん坂)



五条坂バス停までバスに乗り、五条坂、人力車も走る茶わん坂と登り清水寺へ。人力車の兄ちゃんが「清水寺の紅葉はまだ5分だよ」と一言。なぜ、そんなこと言うんだよ!



清水寺の仁王門



清水寺正門の仁王門前。京都と言えば清水寺といわんばかりに観光客が多い。修学旅行だろうか、学生服姿の学生が多く見られた。



清水寺の紅葉



清水寺本堂の清水の舞台へ。「紅葉はまだ5分だよ」との事でさすがに東福寺には見劣りするが、そこそこキレイな紅葉が見られた。



清水寺の舞台からの景色



今日は天気もよく、清水の舞台から見る景色はまさに絶景です。遠くに京都タワーが見えます。



清水の舞台

清水の舞台は紅葉が無くても十分に絵になる。しかし、人が多い。



清水の舞台から見下ろす

清水の舞台から下を見下ろす。思っていたより高い!



清水の舞台と紅葉

清水の舞台と紅葉



清水の舞台と紅葉

奥の院から子安塔へ向う道からは本堂全体が見渡せる



清水の舞台と紅葉

清水の舞台を下から見上げる。やっぱり高いっス!



清水坂 清水三年坂美術館 八坂の塔



清水寺を出て清水坂を下る。お土産屋さんが建ち並びいつも観光客で賑わっている。三年坂、二年坂と歩き、幕末維新ミュージアムを見学する予定だったが時間が無くなった。次は高台寺へ向う。



高台寺は豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が秀吉の菩提を弔うために開いた寺。庭園の桜と紅葉が美しいとのこと。



方丈の前庭

高台寺・方丈の前庭



開山堂の庭園 開山堂の庭園の紅葉

高台寺・開山堂の庭園



傘亭 時雨亭

利休が建てたと言う茶室、傘亭と時雨亭



高台寺の竹林



最後に竹林を抜ける。夜のライトアップがされれば、さぞかし美しかろう。これにて高台寺の散策は終了。



餃子の王将



さて、お腹も減ったので「餃子の王将」で昼食を取る。この後、時間があれば円山公園、長楽寺、知恩院まで巡るつもりだったが、全然、時間が足りない。京都の人出を甘く見ていた。ずーと歩き回って足も痛い。円山公園の坂本龍馬像まで見て次に行くか! 次は銀閣寺。



八坂神社の西楼門 八坂神社の境内へ



祇園さんこと八坂神社の西楼門をくぐり境内へ。屋台も出ており賑わっていた。ムム、今年は本厄であったか!



八坂神社の本殿と舞殿

八坂神社の本殿と舞殿



円山公園の紅葉 円山公園の紅葉



境内を抜けると桜の名所としも知られる円山公園。紅葉もなかなかのものでした。



坂本龍馬・中岡慎太郎像



円山公園の坂本龍馬・中岡慎太郎像まできました。この先が長楽寺だが散策はここまで。祇園バス停より銀閣寺へ。



哲学の道入口 哲学の道1



22分ほどバスに乗り銀閣寺道バス停で降りる。すぐに哲学の道の入口。哲学の道はここから熊野若王子神社まで伸びている。銀閣寺をめぐったあとは紅葉の名所として名高い永観堂で「京都もみじ狩り」は終了だ。



銀閣寺の参道 銀閣寺の参道



哲学の道を行き、銀閣寺橋から銀閣寺の参道に入ると急に人が多くなった。どこも人が多いなあ~



銀閣寺



「銀閣寺には銀箔は貼られていませんよ」近くで見る銀閣寺は意外と地味な感じを受けた。池に囲まれてるイメージがあったのだが・・・



銀閣寺



紅葉と銀閣寺とカメラを構える観光客。なかなかのベストアングルではあるのだが・・・



銀沙灘 銀沙灘

本堂前の銀沙灘(ぎんしゃだん)と観光客の列



銀閣寺



銀閣寺はやっぱりこの角度からが美しい。観光客も写り込まずベストシャットが撮れた。



銀閣寺の紅葉 銀閣寺の紅葉



「銀閣寺の紅葉は色鮮やかでキレイだね」との声。確かに、銀閣寺の紅葉は赤と黄色の葉が入り混じり色鮮やかでキレイだった。



哲学の道 哲学の道



銀閣寺を出て哲学の道を歩く。おしゃれなカフェ、お土産屋が建つが落ち着いた川沿いの小路だ。ゆっくりブラブラと歩きたいが永観堂の拝観時間もあるので急いで歩く。



永観堂の入口



16:24 「京都もみじ狩り」の最後の永観堂に到着。何とか拝観時間に間の合ったと思い、門をくぐると・・・



永観堂の紅葉 永観堂の紅葉



あたり一面、真っ赤に染まっていました。何これ!ここが一番じゃないか! しかし、ここで衝撃の事実が・・・



お昼の拝観は終了いたしました



「お昼の拝観は終了いたしました。夜の拝観受付は、五時三十分より」ガ~ン! 拝観時間を過ぎていた。すでに夜の拝観受付には長蛇の列ができている。受付開始までまだ1時間あるよ~。まさに門前払いをくらった。



夜間拝観の列

夜間拝観の列と永観堂の紅葉



永観堂の紅葉 永観堂の紅葉4



無念じゃ! 最後は少し残念な結果となってしまったが、京都の紅葉は十分に楽しめた。これにて「京都もみじ狩り」は終了。京都駅に戻る。



京都タワー 京都タワーからの眺め



京都観光の締めくくりは京都タワーからの夜景。こちらも紅葉に負けず劣らず綺麗でした。予定通り18:44発の電車で京都駅をあとにする。



大阪城公園のイチョウ並木 大阪城とイチョウ



次の日は大阪城を見に行きました(2014.11.22午前)。大阪城公園は紅葉ではなくイチョウ並木の道がとてもキレイでした。




ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします