いよいよ3カ国目のベトナムです。南寧からバスで国境を越えます。同室だったナオ君ともお別れです。「また、タイあたりで会えそうな気がするね」と言ってメルアドを交換して別れました。久しぶりに日本語が話せて楽しい2日間でした。



南寧→越南河内(ハノイ)のバスチケット



8:50 南寧のバスターミナルからバスは遅れることなく出発した。走り始めて数分後、添乗員の女性が乗客のパスポートを集め始める。少し不安に思っていると、しばらくしてパスポートが戻って来た。単にパスポート番号を控えられただけのようだ。



ハノイ行きのバスで配られたパンと水



バスは大きくてゆったり快適だった。パンと水も配られる。途中に2度のトイレ休憩と国境警備の軍人さんがバスに入ってきてパスポートをチェックされる。香港-中国間ではなかった国境越えの緊張感が感じられた。




中国側のバス



12時頃、バスは国境に到着した。カートに乗って中国側のイミグレーションまで移動します。添乗員が中国語で何かしら説明していたが、まったく分からず、首から下げる通行証みたいな物を渡される。どうやらカートのフリーバス券らしい。



中国側のイミグレーション



中国側の出国審査はすんなりと通過した。ここから5分ぐらい歩いてベトナム側のイミグレーションへ向います。



ベトナム側のイミグレーション



ベトナム側の入国審査には長い行列が出来ていました。どうやら中国人の審査に時間を取られているようです。よくよく見ると中国人は審査官にお金を渡しています。賄賂だろうか? 途中、審査官が席を外したりしてワザと遅らせているような感じでイライラしました。



列に並ぶ事、実に1時間。ようやく自分の番が来た。賄賂を要求されるか、ワクワクドキドキで待っていると、念入りパスポートをチェックされ1分程度でスタンプが押された。あっけなく入国審査終了です。



ここからバス乗り場までカートで移動です。途中、ベトナム側でも軍人さんのパスポートチェックがあります。「入国スタンプが押されているページを開いて見せろ!」みたいな強い口調で言ってきます。ベトナムと中国は仲が悪いようです。ベトナム側の道はガタガタで酷いものでした。



バス乗り場に着くと、一緒に乗って来た中国人たちがバスに乗り込んでいたので行ってみると「これはハノイ行きではない」と言われ、待合室で待つようにと言われた。午後2時ごろ(ベトナム時間)、約1時間ほど待ってハノイ行きのバスが到着。ベトナム側のバスは雨漏りするほどボロく、中国側と比べ酷いものでした。国境を越えると景色もガラリと代わり、牛や三角の笠を被った人々、田園風景が広がり、道を走るバイクの数が一段と多くなる。バスがバイクを追い越すだびに、けたたましくクラクションを鳴らす。どうもベトナムでは、それが追い抜くときのマナーらしい。なので街中ではクラクションが鳴り止むことはない。



ベトナム側のバス



途中、食事休憩があったがベトナム通貨をもっていなかったので何も買えず。ひもじい思いをしながらバスに揺られること約4時間、午後6時頃、ようやくハノイに到着した。とりあえずATMを探す。中国の人民元も残っていたので50万ドンを引き出した。ベトナムではインフレが進み、通貨の単位がエライ事になってます。50万ドンは日本円で約2,800円です。ATMからは50万ドン札が1枚、ペロンと出てきました(笑)。



辺りはすっかり暗くなっていた。ベトナムの道路は信号が少なく、多くのバイクがひしめくように走っている。どうも歩いて予約したホテルを探すのは大変そうだ。それと、なにはともあれ疲れていた。タクシーを拾いホテルまで移動する。運賃は10万ドン(約550円)でした。高いのか、安いのか、分からない。10分ほど走ってホテルに着いた。



予約していたホテルに着くと、ダブルブッキングだったらしく部屋がなく別のホテルを紹介された。「一泊だけ別のホテルに泊まって、2日目からは部屋が空くので戻って着てね!」と言われる。なんとも虫のいい事をと思ったが「まあいいか」と一泊だけ別のホテルに泊まることにした。ベトナム人ってこんな感じなのかな?



ハノイ スターホテル

紹介された「ハノイ スターホテル」一泊105,000ドン(約580円)



ホテルに荷物を置いて外に出る。するとパイナップル売りのババアに捕まってしまった。記念に写真を撮ってやるからスマホを貸してと親切そうに近づいてくる。写真を撮ったらパイナップルの入った袋と一緒に返された。まあいいか、写真も撮ってくれたことだし、そんなに高い買い物でもないだろう。買うことにしたが・・・



しかし、1万ドンを渡すと「足りない」と言ってきた。この時はパイナップル1個の相場も何も知らなかった。追加で2万ドン渡すが「まだ、足りない」と言う。じゃあ、いくらなんでも、これなら足りるだろうと20万ドン札を渡しのが運の尽きだった。「まだ、足りん!もっとよこせ!」と来た。ホテル一泊、タクシーで10分が10万ドンである。そんなバカな話はない。



「もう、いらないから金返せ!」と身振り手振りで伝えるが、言葉が分からないみたいな素振りをされ「じゃあ、23万ドンでまけてやるよ!」みたいな台詞を吐いて、ババアは人混みの中に消えていった。呆然と立ち尽くす僕・・・ 23万ドンも取られた。ちなみに、パイナップル1個の相場は1万ドンぐらいらしい。袋を開けるとパイナップルが2個分入っていた。一人で2個、食えってか! こりゃあ、ボッタクと言うより強盗だよ! 50万ドンあった所持金は1時間足らずで残り65,000ドンとなっていた(泣)。



次の日、最初に予約していた「ハノイ リバーサイドホテル」に移る。だがこのホテルが、かなりの曲者だった。ホテルのチェックインがすむと、いきなり「ハロン湾ツアー」と「オープンバスのチケット」を売り込んできた。オープンバスとは、いくつかのツアー会社が運営しているベトナムを南北に横断するツアーバスのことで、オープンチケットを買っておくと、途中の都市での乗り降りが自由に出来る。



ベトナムではインフレがスゴイため、外国人が多く利用するホテルやツアー会社では、決済通貨に米ドルが使われる事が多い。日帰り「ハロン湾ツアー」は安いものだと20USDぐらいからだったが、インターネットの情報ではあまり評判がよろしくない。



ハロン湾日帰りツアー



日本語ガイドが付くツアーだと77USDからと、お高くなっている。このホテルが売り込んできた英語ガイド付きツアーは45USDだった。少し高いかなと思ったが「デラックス、デラックス!」と言うもんだから、そのツアーに申込む事にした。しかし、行ってみると・・・ 酷いものでした。たぶん、20USDの格安ツアーと内容はほぼ同じ。騙された! ハロン湾ツアーの模様は後ほどブログで・・・



Hanh Cafeのオープンバスチケット



オープンバスのチケットも55USDで購入しました。こちらも相場は40USD前後みたいです。べトナムはハノイ、フエ、ホイアン、ホーチミンと旅する予定です。これでホーチミンまでの移動手段は確保できました。



ベトナムの紙幣



残っていた中国人民元を両替する。260元が78万ドンになった。日本円だと約4,300円です。



ベトナムのケバブ ベトナムのケバブ



ホテル近くでケバブを食う。これが意外に安くて美味しかった。ハノイでは到着するなりボッタクリにあったが、ベトナムの物価は安い。「1米ドルでビールが4杯飲める」エリアがあると、胡散臭いホテルの兄ちゃんからの情報だ。ハノイでは昼からビール三昧といきたい。





世界一周 34日目【4/10】(中国・南寧-ベトナム・ハノイ)

その他(中国) 5.5元

タクシー 100,000ドン

パイナップル(2個分) 230,000ドン

ハノイ スターホテル 105,000ドン

-----------------------------------------

合計5.5元(≒110円)+435,000ドン(≒2,400円)


世界一周 35日目【4/11】(ベトナム・ハノイ)

ケバブ 30,000ドン

昼食の麺とコーヒー 85,000ドン

文廟 30,000ドン

ハロン湾クルーズツアー代金 45US$

オープンバスチケット 55US$

ハノイ リバーサイドホテル(3泊分) 322,000ドン

-----------------------------------------

合計467,000ドン(≒2,600円)+100US$(≒12,000円)





ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします