チェンマイの旧市街地は堀に囲まれた要塞都市だった。バンコクから遠く離れた内陸で少数民族が暮らす田舎町を想像していたが全然違っていた。旧市街の中もゴチャゴチャとバンコクと全然変わらん。ワットも見飽きたし何もする事もないなあ。そこで、チェンマイの旧市街を囲む堀の周りをグルリと巡ってみる事にした。8キロほどあります。もちろん歩いて巡ります。



旧市街を囲む堀 堀の両側には広い道路



チェンマイを囲む堀には水が張られて景観もなかなか綺麗な"静かな"散歩道・・・ では無い! 堀を挟んで両側に片側3車線はある広い道路が整備されておりクルマがビュンビュン走っている。



チェンマイ旧市街を囲む堀と道路



そして、その道路には信号がありません。外側が右回り、内側が左回りの一方通行です。旧市街全体が巨大なロータリーみたいになっています。横断歩道もないので道路で横断するのも大変です。なので、堀の回りを散歩する人など皆無です。歩道はしっかりあるし景観もそこそこ綺麗なんだけどね~。




Sriphum Corner



①(Sriphum Corner)堀に囲まれた旧市街の角には城壁があります。旧市街はすべてが城壁に囲まれている訳ではなく、四角に囲んだ堀の各角と出入口の門の周辺にだけ城壁が築かれている。元々そうなのか、壊されてなくなったのか? では、左周りにお堀を周っていきます。



Chang Puak Gate



テクテク歩き、②(Chang Puak Gate)北側の旧市街への門。何カ所か旧市街への門があり、堀の内側に入る事ができます。門の両側にちょこっと城壁が築かれています。



旧市街を囲む水堀と歩道 門の赤レンガの壁と道



門の周辺は、堀に噴水、門の両側に赤レンガの城壁となかなか雰囲気もいいのですが、旧市街への限られた出入口だけに交通量が半端ないです。さらに堀に沿って歩きます。今度は堀の内側の道路です。



Wat Rajamontean

③(Wat Rajamontean)ここのもワットがありました。



結婚記念撮影 結婚記念撮影

結婚記念の撮影でしょうか? 写真撮影されていました。



Wat Lok Molee Wat Lok Molee



④(Wat Lok Molee)堀の外側の道路沿いにも大きなワット。こちらは少し有名どころなのか観光客もチラホラです。堀には数ヵ所、歩行者が渡れる橋が架かって堀の反対側に渡れます。だが、クルマは門の前だけです。



Hua Lin Corner Hua Lin Corner



⑤(Hua Lin Corner)さらに歩いて西北の旧市街の角の城壁。赤レンガの城壁は堀に沿って曲げられていて曲線美がキレイです。堀も真っ直ぐに作られていて、両辺の先まで見る事ができます。ここからの眺めは、まさに要塞都市って感じで迫力を感じます。



歩道もキレイに整備されてて歩きやすい。しかし、少し横に目をやると・・・ 交通量が半端ない道路。クラクションの騒音がなければ最高の散歩コースなのだが。



Suan Dok Gate

⑥(Suan Dok Gate)西側の旧市街の出入口の門。ようやく半分です。



Ku Huang Corner



⑦(Ku Huang Corner)西南の旧市街の角の城壁。ここは壁の横から堀の内側へ入る事ができた。城壁にも登れそうだ。よし、少し高い所から町を眺めてみよう!



Ku Huang Cornerからの眺め



と、調子に乗って城壁によじ登ったのだけど、どうやら登ってはいけなかったみたい。注意書きありました。御免なさい、あとで知りました。そそくさと降りて道に戻る。



Suan Prung Gate

⑧(Suan Prung Gate)南側の堀沿いの道を歩く。



Chiangmai Gate



⑨(Chiangmai Gate)出入口の門は常にクルマが出入りしていて横断するのに一苦労です。やっぱりこの道は散歩するには向いてない。



Katam Corner



⑩(Katam Corner)東南の旧市街の城壁。ようやく旧市街の堀を一周です。疲れました。



タイのツアーバス



東南の角の城壁から少し行くと内側の道路にツアーバスが数台停まっていました。タイのバスはとても派手です。豪華なバスになればなるほど外観が派手になります。見るからに3列シートのVIPバスのようです。さあ、アユタヤへはバスで行こうか、列車にしようか? またまた悩みます。ほぼ列車と決めていたのだけどね。



Thapae Gate



⑪(Thapae Gate)東側の出入口の門。ここがメインゲートです。近くには露店が建ち並び、他の門の前とは一味違います。観光客で溢れて賑やかです。



2時間近く掛けてチェンマイの要塞都市を征服しました。単に一周しただけなんだけどね。各角にある4箇所の城壁はどれも迫力があってお薦めです。なかなか見て周ろうとは思わないと思いますが、僕と同じく見るものに困ったらチャレンジしてはどうでしょうか?





さて、チェンマイの観光もこれで終わりです。次はアユタヤです。アユタヤには列車で行く事にしました。いつもは前日にチケットを確保しておくのですが「タイの国鉄は人気がない」ってことで当日でも大丈夫だろうと思い、当日に買う事にした。もし買えなくてもバスがあるしーー



チェンマイの赤バス



移動当日。チャンクラーン通りのマックで時間を潰す。列車の時間は午後5時30分だ。午後4時頃、トラックの荷台に乗る赤バスに乗って駅まで移動する。赤バスはチェンマイの乗合バスみたいなもので、チェンマイではツゥクツゥクよりも多く町の中を走っている。手を上げて止まってもらい、行き先が同じ方向なら乗せてくれる。ツゥクツゥクより安い。駅まで40バーツ(約150円)で行ってくれた。



チェンマイ駅



駅に着いて早速アユタヤ行きのチケットを購入する。午後5時30分発、アユタヤには翌朝の6時45分に到着する。「人気の無い国鉄」なので、すんなりと目的の時間のチケットが買えると思ったが・・・ 売り切れていた。寝台、シート席とも満席。人気あるじゃん! そこで一本早い午後5時発の列車で移動する事にした。なぜ、一つ前の列車には空席があるのか?と言うと・・・



チェンマイ→バンコクのタイ国鉄の時刻表(2015・2)

チェンマイ→バンコクの時刻表(2015.2)



アユタヤ行きのチケット



こちらの列車はアユタヤには朝4時59分に着く超特急列車だ。早く着きすぎる! 寝れないじゃん! 運賃は856バーツ(約3,100円)、超特急だから少し高いかも。まったく良い事ありません。誰だって5時30分発の列車を選びますわな。でもタイの国鉄は・・・ 遅れる。2時間ぐらい遅れてくれないかな~。



チェンマイ発バンコク行き



午後5時発の寝台特急に乗りこむ。エアコンつ付きの寝台はやっぱり寒かった。列車に乗ってまず驚いたのが、寝台車両に乗っているのはすべて外国人の旅行客だったと言う事。バンコク-チェンマイ線は観光客に人気の路線のようだ。どおりでチケットが取れないはずだよ。満席でした。



シンガポールからバンコクまでの大移動で乗ったハジャイからの寝台列車には外国人などほとんど乗っていなかった。北と南ではこうも客層が違ってくるのか。まあハジャイになんて普通、観光客は行かないだろうからなあ。



ハジャイからの列車では弁当が40バーツ(約150円)で車内販売されていた。そこで夕飯はそのタイ国鉄の車内弁当を食べるつもりで腹を空かしていた。しかし、車内で配られた夕食のメニューを見てみると・・・



チェンマイ線、タイ国鉄の夕食のメニュー



完全に外国人価格だった。170~210バーツ(約620~760円)なんてボッタクリだ! タイ国鉄、やってくれます。夕食抜き決定です。他の客が頼んだ料理を見てみると、量も少なく、いかにも不味そう! 40バーツ弁当の方が旨そうに見えた。



チェンマイ線、タイ国鉄の朝食のメニュー



朝食の注文も取っていたが当然こちらも外国人価格。朝5時にはアユタヤに着くので僕には関係ないけどね。こんな事しているからタイ国鉄は人気がないんだ(遅れるのが一番の原因なんだけど)。タイの長距離バスでは水やお菓子、食事までもが運賃に含まれていたりして、国鉄に比べて段違いにサービスが良い。やっぱりタイの移動は列車よりバスだな! 腹ペコでもう寝るしかない。



朝、「アユタヤ、アユタヤ」と車掌が起こしに来てくれた。「あと3分で着くよ!」起こすの遅いよ! 慌てて荷物をまとめる。時計を見ると午前4時55分だった。きっちり定刻だ。観光客に人気のチェンマイ路線、タイ国鉄の威信を掛けての定刻運行って感じですかね~。まあ、高い料理を出すだけはありますな(笑)。



夜明け前のアユタヤ駅のホーム



ホームに降りるとまだ辺りは暗かった。それでもツゥクツゥクのおっちゃんはいます。「ホテルは取っているか?」「2時間のツアーで100バーツだ!」と仕事熱心です。僕の予約していたホテルは駅の近くですが、外は暗いし、さすがに朝5時に行くのは迷惑なので駅で時間を潰します。



早朝のアユタヤ駅前



駅を出ると駅前には串焼きの露店が並んでいた。こちらも仕事熱心です。昨日の昼から何も食べていなかった。豚バラ串みたいなものを食ってみる。なかなか旨かった。10バーツ(約36円)、安いし庶民価格だ。でも、アユタヤは観光地なのでバンコクよりは少し高い感じだ。



外も明るくなってきた。午後7時頃、駅を出てすぐのアユタヤの宿「ハーンアーコング リバーサイド ホームステイ」へ。歩いて僅か2分ほどです。宿の横からは渡し舟が出ています。アユタヤもチェンマイと同じく要塞都市で回りは川に囲まれています。



ハーンアーコング リバーサイド ホームステイ



朝早いがチェックインさせてもらえました。ファン付きのシングルルームです。エアコンなしでしたが涼しく、すてきな部屋でした。この宿、お薦めです。昨夜はよく眠れなかったので、とりあえず寝ます。





世界一周 104日目【6/19】(タイ・チェンマイ)

Bigジュース 10バーツ

ビックマックセット 172バーツ

赤バス 40バーツ

コーラ 20バーツ

列車チケット(-アユタヤ) 856バーツ

その他 7バーツ

-----------------------------------------

     合計1,105バーツ(≒4,000円)


世界一周 105日目【6/20】(タイ・アユタヤ)

串焼き 10バーツ

オムレツ 50バーツ

その他 144バーツ

ハーンアーコング リバーサイド ホームステイ(4泊分) 1,520バーツ

-----------------------------------------

     合計1,724バーツ(≒6,200円)





ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします