アユタヤ散策マップ



アユタヤの日本人村を見た後はいよいよ遺跡群の散策です。チェンマイは予想に反して都会だったがアユタヤはどうでしょうか?



アユタヤ遺跡への渡し舟



宿の横からの渡し舟でパーサック川を渡る。運賃は片道3バーツ(約10円)です。古都アユタヤは四方を川で囲われた要塞都市です。パーサック川に面した家々にはいくつも小さな船着場があります。水路は主要な交通網のようです。タイのヴェネチアってほど景観は良くないけど・・・



対岸のレンタサイクル屋



対岸に着くと目の前には大量のレンタサイクルが並んでいた。広い範囲に点在している遺跡を巡るには自転車が最適か? いや、やっぱり基本は歩きだよな! 道に出るとこれまた大量のトゥクトゥク軍団が待ち構えています。アユタヤのトゥクトゥクはバンコクのトゥクトゥクとは少し形が違っています。



アユタヤの鉄仮面トゥクトゥク

「鉄仮面」です(笑)。勝手にそう名付けました。




チャオプロム市場



すぐにチャオプロム市場です。こちらは観光客向けじゃなくローカルなマーケットです。アユタヤの台所的な存在でしょうか?



生肉も売られている



炎天下の中、生肉などもそのまま台に載せられ売られています。タイで肉を食うのが少し怖くなりました。



味の素のダンボール



タイの飯は「味の素」の味がする。たぶん、かなりの確率で使われているのでしょうな。「AJI-NO-MOTO」はタイでは誰もが知っている日本語のひとつです。チャオプロム市場で腹ごしらえして、さあ、歩くぞ! 気合を入れます。



ナレースウン通り

とても大きな通り、ナレースウン通りを行くと・・・



ワット・ラーチャグラナの塔



遺跡が見えてきます。最初に現れるのがワット・ラーチャグラナとワット・マバタートです。急に現れるのでビックリします。



アユタヤの町にはたくさんのワットや遺跡が点在しています。どれも、あまり修復や復元はされていないようで、現状のまま保存されている感じです。



ワット・マバタート



まずはワット・マバタートへ。入場料は50バーツ(約180円)です。共通のパスみたいなものは無いのかな? 各遺跡で毎回払うにはちょっとキツイ金額です。



ワット・マバタート ワット・マバタート



遺跡には、近くに寄れるし触れます。野ざらし感も強く「世界遺産だよ。ちゃんと保存しようよ!」と思っちゃいますが、お陰でテーマパークみたいな感じにはならず、いい感じに廃墟感が漂っています。



木に抱きかかえられた仏像の頭部



神秘感も漂います。木に抱きかかえられた仏像の頭部。さすがにここは有名なので周りに観光客が群がっていますが、アユタヤは広い範囲に遺跡が分散しているので、人もバラけて、観光客だらけって感じにはなりません。ゆったり遺跡を見て巡れます。



ワット・ラーチャグラナ



隣のワット・ラーチャグラナへ。入口が分からず中には入れませんでした。中には人の姿もなかったし、入れないのかな?



ワット・ラーチャグラナの番犬たち

遺跡には番犬がいました(笑)。自由に入れていいですね。



プララーム池の公園 プララーム池の公園



ワット・マバタートの横にはプララーム池のある広い公園がある。公園の中には小さなワットが点在しています。ほとんど野ざらしです。ミニバガンみたいな感じかな?



ワット・プラームの塔



公園を抜けるとワット・プラームの塔が見えました。ワット・プラームの中に入るのは後回しにして、次は古代王宮を目指します。道に戻ると・・・



アユタヤの象



ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットの前の通りを象がのっしのっしと歩いていました。歩道にはでっかいウ○コが。この辺りからが古代王宮の敷地内になるのだけど・・・



アユタヤの象



象が気になったのでついて行くことにした。なぜ、気になったのかと言うと、後ろ足が3本に見える。こ・れ・は、中央のモノはペ○スではなかろうか? 近くで確認したかった。デカ過ぎるだろーー!



アユタヤ・エレファント・キャンプ



象のあとをついて行くと象のターミナルがありました。予想以上の頭数に驚きです。ただ単に人を乗せるだけじゃなく曲芸も披露していました。象さん、賢いです。



この先の橋の手前で右に曲がり再び古代王宮へ向います。が、どれが王宮なのか、入口がどこなのか、分かりません。



タイのデコバス前



駐車場の回りをウロチョロしてウィハーン・プラ・モンコン・ボピットの横に出る。駐車場には多くの派手はバスが停まっている。もう、これもタイ名物と言っていいだろう。なんだかガラ悪いです。



ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット



ワット・プラシーサンペット



横のワット・プラシーサンペットの周りをグルリと回る。またまた入口がどこだか分からない。象と出合った道に戻ってきてしまった。大雑把な観光マップは当てにならないので、ここからはタブレットのグーグルマップに切り替えてアユタヤ遺跡を散策することにした。グーグル先生、頼りになります!



ワット・プラーム ワット・プラーム

後回しにしたワット・プラームです。こちらは中に入れました。



ワット・プラーム

見ごたえあります!



再び、象のターミナルの前を通って、今度は橋を渡ってワット・ローカヤスターラームへ。ここにはストⅡで有名になった涅槃像があります。



ワット・ローカヤスターラームの涅槃像



この涅槃像の写真が撮れればアユタヤ観光は満足です。歩き回って疲れたので宿に戻ります。





アユタヤ観光の最終日はボートトリップに参加しました。約1時間半で3つのワットを巡るツアーです。200バーツとなっていたけどディスカウントされて180バーツ(約650円)でした。僕の他には男女のカップル2組の参加でした。やっぱ、こういうのってカップルで参加するのね~。でもね、僕は知っている。このボートトリップがそんなにロマンティックではないってことを・・・



アユタヤのボートトリップ



最初は楽しめましたが、やっぱりボートに1時間半はツライです。桂林の漓江の川下りで経験済みです。尻が痛いです。後半は早く終わらないかな~、て思っちゃいました。



ワット・チャイワタナラーム



最後のワット・チャイワタナラームは見ごたえあった。ここはサンセットがキレイなのらしいが・・・



ボートトリップはサンセット前に終了してしまった。夕方、出発と言う事でサンセットも見れると聞いていたのだが・・・ よくよく考えれば、夕方4時発だよ! 日が沈むわけ無いじゃん!



サンセットは見逃したけど、夜には遺跡のライトアップがあるみたいなので、日沈んでから、もう一度遺跡を見に行く事にした。夜のアユタヤは見てやろう!



夜のアユタヤへ



夕方7時ごろ、宿を出て渡し舟でアユタヤへ渡る。ちょっと嫌な予感はしていたが、とりあえず遺跡を見に行く。



夜のアユタヤ



ワット・ラーチャグラナとワット・マバタートの前に着いた。でも、思っていたほどのライトアップはされておらず、あまりキレイではなかった。写真で見た方がキレイですね。少しガッカリして宿に戻る。そして、やっぱり悪い予感は当たっていた。



渡し舟が終わっていた。7時ごろが最終便だったみたい。仕方なく鉄仮面トゥクトゥクに乗って宿まで戻る。「100バーツだ、夜間割増だ!」と言われ交渉の末、80バーツ(約290円)で話はついた。渡し舟だと3バーツです。痛い出費でした。



アユタヤはバンコクからも近いし遺跡の雰囲気もいい。町並みもゴミゴミした感じはしない。また、来たいですね。さて、明日はいよいよゴミゴミとしたインドです。めっちゃ不安です。





世界一周 107日目【6/22】(タイ・アユタヤ)

渡し舟 5バーツ×2

昼食 35バーツ

ワット・マバタート 50バーツ

ワット・プラーム 50バーツ

スプライト 25バーツ

イカ串 30バーツ

その他 132バーツ

-----------------------------------------

     合計332バーツ(≒1,200円)


世界一周 108日目【6/23】(タイ・アユタヤ)

朝食 50バーツ

ボートトリップ 180バーツ

ワット・パナンチューン 20バーツ

渡し舟 5バーツ

トゥクトゥク 80バーツ

串焼き(4本) 20バーツ

その他 174バーツ

-----------------------------------------

     合計529バーツ(≒1,900円)





ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします