ブッタガヤはブッタが悟りを開いた場所として仏教の最大の聖地とされている。コルカタからは列車でガヤ駅まで行き、そこからはオートリクシャに乗り換え移動です。



スパイダーマンがいるNEWマーケット



ガヤ行きの列車は夜の8時40分発です。NEWマーケットで時間を潰します。チェンナイで感じたインドへの嫌な思いはコルカタでは少し緩みました。コルカタという大きな街でもショッピングモールみたいな場所はまだ少なく、あっても小さな店の集合体みたいな感じです。なんだか懐かしい感じがします。



僕の子供の頃は、家のトイレはまだ汲み取り式でした。学校に行く通学路も砂利道で、途中には小さな商店や駄菓子屋があったものです。そんな子供の頃を思い出させてくれました。今は駄菓子屋はコンビニへと変わりましたが・・・



ホテル近くの朝市

ホテル近くの朝市。青果野菜を中心にいろんな物が売られています。



鶏の量り売り

鶏の量り売り。その場で絞めて肉にするのか?



コルカタの野良犬たち



コルカタの野良犬たち。歩道で気持ち良さそうに堂々と寝ています。寝顔がとても幸せそう。人はちゃんと避けて通ります。インドは牛だけじゃなく野良犬たちにも天国です。さて、こんなコルカタともお別れです。




夕方6時30分ごろホテルを出ます。ハウラー駅までは荷物もあるのでタクシーで移動します。チェンナイからコルカタに到着し、ハウラー駅からホテルまで乗ったタクシーの運賃は150ルピーでした。じゃあ、ホテルからハウラー駅までも同じだろう。しかし、タクシーを止めたら「200ルピーだ!」と言ってきた。やっぱりインドは一筋縄には行かない。



僅か50ルピー(約100円)の攻防である。まずは「乗らない」と歩き出すが1台目は「あ、そう。」て感じで無視された。2台目も同じく無視。意外と200ルピーが相場なのか? ようやく3台目で反応があった。「いくらなら乗るのか?」・・・「150ルピーなら乗る!」すると渋々、承諾してくれた。う~ん、150ルピーは悪い金額ではないはずだが・・・



ハウラー駅のタクシー乗り場にはプリペイドタクシーの発券所があった。発券所に行き先を告げ、運賃を払うと、タクシーの認識番号が書かれたレシートをくれる。そこには「運賃140ルピー、チャージ10ルピー」と書かれてあった。どうも正規のタクシー運賃は140ルピーで、発券所が仲介料として10ルピーを取っているようなのだ。だから、150ルピーは悪くはないはずだ!



しばらく走るとタクシーは渋滞につかまった。タクシーが止まるとエンジンを止める。コルカタのタクシーは環境に配慮してアイドリングストップをする。どうやらこの時間帯は毎日大渋滞するようなのだ。



道路はクルマとバイクとオートリクシャで埋め尽くされている。なかなか前には進まない。しかし、よくよく見てみると確かにクルマは多いのだが渋滞の原因は他にあるように思えた。クルマとの間に少しでも隙間があればオートリクシャがグイグイと割り込んでくる。車線なんてあって無いようなものだ。道路の合流地点にもなると二車線の道路に5台ぐらいが並列に並ぶ。道路が詰まる。渋滞する。大渋滞になる。



どうやらそういう事もあってか、150ルピーでは乗せたくなかったようだ。やっぱり200ルピーが相場だったらしい。少し悪い事をしたな。200ルピー札を渡してチップを要求されたら、お釣りはチップとして渡そうと思っていたが、ちゃんと50ルピーのお釣りが返ってきた。コルカタのタクシー運転手はとても実直で真面目な人が多いようだ。



夜7時ごろのハウラー駅



ハウラー駅に着いたのは午後7時10分頃だった。外は暗くなっている。「チャチャーン!」とファンファーレが鳴り響き、列車の発車時刻のアナウンスが流れる。英語でのアナウンスなのだが聞き取れない。「チャチャーン!」しか耳には残らない。



ハウラー駅の電光掲示板



列車の発車時刻までは1時間以上あった。電光掲示板を見て列車の到着プラットホームを確認する。まだ電光掲示板には僕の乗る列車の案内はなかった。しばらく待つ。列車の到着ホームは一応決まってはいるようだがコロコロ変わるらしい。30分ほど待つと、ようやく僕の乗る列車の案内が表示された。8番ホームだ。



8番ホームDOON EXPRESS



8番ホームにはすでに列車が停まっていた。今回もエアコン付きの寝台車両だ。エアコン付きの寝台車両の入口には乗客リストの紙が貼られている。そのリストにはご丁寧に乗客の名前、性別、年齢、乗車駅と下車駅まで書かれてあった。プライバシーもあったものじゃない。中に乗り込むと僕の席にはすでに4人の男性が座っていた。楽しそうに談笑している。



エアコン付きの寝台車両は、二段ベッドが二台の四人一部屋なので、一人は寝台チケットを持たない偽者だ。指定席のチケットを持たないのに平然と指定席に座っている奴がいる。これがインドの列車なのだ。しかし、ここはエアコン付きの寝台車両だ。他の車両とは違いチェックが厳しいはず。まだ、寝るには少し早い時間だし、仲間同士、ここに集まって話をしているのだろう。眠くなれば自分の席に戻るだろう・・・と思っていた。



列車は発車時刻になると発車した。当たり前だが、インドの列車はよく遅れるのである。ガヤ駅には朝4時55分に到着予定なので遅れてくれないかと思っていたのだが、残念な事に発車時刻に発車してしまった。



四人の男達はいっこうに寝る気配を見せなかった。そろそろ横になりたい。時刻は夜の9時になろうとしていた。そうこうしていると、その四人の内の二人が列車から降りてしまった。どうも偽者は一人ではなかったようだ。次の駅ではまた一人、列車から降りた。コイツも偽者だったようだ。そして最後に残った一人も・・・ 次の次の駅で列車から降りた。四人すべてが偽者でした。正規の寝台チケットを持った乗客はこの後の駅でチラホラと乗ってきた。



つまり、こういう事だ。エアコン付きの寝台列車の入口には乗客リストが貼ってある。そこには乗客が乗ってくる乗車駅まで書いてある。どの席の、どの客が、どこの駅で乗ってくるのかがすべて分かってしまうのだ。男達は自分が降りる駅の後に乗ってきる客の席を見つけて座っていたのである(たぶん)。実にあざといインド人達である。ようやく横になれたのは10時を過ぎた頃だった。



スマホの目覚ましが鳴る。朝は4時である。インドの列車は駅に着いてもアナウンスがない。自分で降車駅を確認して降りなければならない。タブレットのグーグルマップで現在地を確認するとガヤ駅はもうすぐそこだった。どうやら時間どうりに運行されているようだ。荷物を整理して降りる準備をする。



ガヤ駅のホーム ガヤ駅のホーム



駅に着いたのは午前4時55分より前でした。遅れるどころか予定より早い! 駅に降りると朝早いのにすでに人でいっぱいでした。



ガヤ駅の外で寝るインド人



駅の外ではインド人がゴロゴロ寝てた。オートリクシャのおっちゃん達も元気だ。「ボッドガヤ、ボッドガヤ!」と呼び込みをしている。そんなオートリクシャ達を振り切って、向かいの食堂へ入った。



ガヤ駅前の食堂で朝食



朝食はすっかりお気に入りとなったチャパティとカレーです。これで10ルピーでした。コルカタで食べたチャパティはアツアツで美味しかったが、ここのは・・・ う~ん、って感じでした。



ガヤとブッタガヤの距離



ガヤ駅からブッタガヤまでは20kmほど離れている。歩いて行ける距離でもない。インターネットの情報だとオートリクシャを相乗りすれば20ルピー(約40円)で行けるらしい。でも、インド人でギュウギュウ詰めのオートリクシャに乗るのは嫌だった。なんせインドは定員3人のリクシャに10人は乗るようなところなのだ。



事前の情報では一人で乗ると150ルピーだそうだ。まあ300円ほどです。ここはケチらず150ルピー出そう! オートリクシャの定員は運転席の後ろの客席にたぶん3人だ。しかし実際は運転席の両脇に1人ずつ、客席に4人、後ろの荷物を載せる所にも4人と、最低10人は乗る。10人で相乗りすると、一人20ルピーなので全部で200ルピーだ。一人で乗ると150ルピーなので相乗りしてもらった方が運転手は儲かるのでは、と、お思いかもしれないが、心配なかれ。



一人しか乗せないのは運転席の後ろの客席だけである。運転席の横と荷物置き場には関係なく人が乗ってきた。「ボッドガヤ、ボッドガヤ!」と客を呼び込み、結局、5人ほどの相乗りとなりました。他の客は20ルピー、ちょい乗りしてくる客は10ルピーほどだ。僕だけ150ルピーで運転席の後ろのベンチ席にドカッとVIP待遇です(笑、泣)。



ブッタガヤには30分ほど走って着いたが「ホテルは決まっているのか? 安いホテルを知っている」と運転手が勝手にホテルの案内をし出した。「ホテルは予約しているから・・・」と言っても聞きはしない。予約している宿まではまだ1.5キロほど距離があったが、運転手にサッサと150ルピーを渡してその場を離れた。これでホテルの勧誘から逃れられると思っていると・・・



すぐに日本語で話しかけられる。「運転手が紹介するホテルはどこも高いよ。運転手が仲介マージンを取るからね」言葉の主は、ラマさんでした。ちょっとした有名人です。インターネットでブッタガヤについての情報を検索していると度々登場してきます。良く書かれていたり、悪くか書かれていたり。でも、人はいいようです。



「ホテルまでバイクで送ってやるよ。もちろんタダだ!」ラマさんは悪い人ではないようだし、乗せてもらってもいいかな?と思ったが、少し歩きたかったので乗るのはやめた。すると「警戒しているの? 僕は大丈夫だよ。『地球の歩き方』にはインドの事が悪く書かれているね。僕は少しでもそれを変えたいんだ!」まあ、確かに良くは書かれてないだろうな。



ラマさんと分かれて、物の数分。「ホテルは決まっているの?」また日本語で話しかけられた。ゲストハウスを経営している方でした。さらに歩いて行くと「山までバイクで300ルピーだ!」とまたまた日本語で話かけられる。何なんだ、ブッタガヤの町は! 宿に着くまでに4,5人から声を掛けられる。しかも、すべて日本語で!



ブッタガヤの宿「サチホーム」



ようやくブッタガヤの宿「サチホーム」に辿り着いた。ここはブッタガヤの中心から川を挟んでかなり離れた場所にある。スジャータ村のすぐ近くだ。なぜ、こんな離れた場所になったかと言うと「いい加減、エアコンの効いた部屋に泊まりたい」と思ったからだ。インドでエアコン付きの部屋となると800~1,400ルピーぐらいする。ここはエアコン付きで400ルピーだった。久しぶりに涼しい部屋で寝れる。とウキウキだったのだが・・・





世界一周 118日目【7/03】(インド・コルカタ)

カレー 10ルピー

砂糖菓子(2個) 10ルピー

ケンタッキー 174ルピー

タクシー 150ルピー

その他 45ルピー

-----------------------------------------

     合計382ルピー(≒780円)




世界一周 119日目【7/04】(インド・ブッタガヤ)

カレー 20ルピー

砂糖菓子(2個) 10ルピー

トゥクトゥク 150ルピー

昼食 80ルピー

その他 90ルピー

-----------------------------------------

     合計350ルピー(≒700円)





ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします