3日目は十楽寺の宿坊をスタート。第8番札所熊谷寺(くまだにじ)から遍路ころがしの手前、第11番札所藤井寺(ふじいじ)までを納めます。



十楽寺の朝の勤行は6時30分から。参加は自由。泊まっているのは僕も含め二人。で、一緒に泊まっていたおばちゃん、参加しなかったぁぁ!! 住職と僕、ワンツーマンで・・・ 読経。「この時期、お遍路さん少なくてね・・・」ここでは数珠の持ち方他、参拝の作法などを教えていただきました。ワンツーマンで。7時より朝食。だいぶスタートが遅れた。



熊谷寺のデカイ山門 熊谷寺の中門 熊谷寺本堂 熊谷寺多宝塔



十楽寺を出て次に向かうは熊谷寺。ここには大きな山門があり今までの札所と違い古い感じで、お遍路に来た!!と、実感できるお寺です。熊谷寺を納めて次は第9番札所法輪寺(ほうりんじ)へ。



熊谷寺の山門を出て少しいったところで気づいた! 御影(おすがた)を頂いていない。納経所で頂けるのですが、納経所によって手渡しでくれる所と自分で取らなければいけない所の2種類がある。熊谷寺は自分で取らないといけなかったのだ。戻るのもイヤだ! 諦めモードに入っていると前から茨城のお遍路Aさん。早い。追いつかれた。彼が泊まった安楽寺の朝の勤行は6時から、朝食は6時30分。僕よりスタートが30分早い!!


「また、会いましたね。もしよかったら御影をもらうの忘れたので、僕の分ももらってきてくんない。」

「いいけど、もう追いつかないかもしれないよ。」



そうだよな。これから熊谷寺だもんね。次の法輪寺で待っててもいいのだが、なんせご朱印をもらい忘れる人だから当てにならん!! 諦めよう。法輪寺へと歩き始める。



法輪寺山門 法輪寺山門 法輪寺トイレ



法輪寺に着くといきなり作務衣を着た人に声を掛けられた。住職さんか?「ここのベンチに荷物を置いて参拝しなさい。こうやって・・・ 金剛杖はこうして・・・ 菅笠はこう・・・ こうしてると大丈夫。お寺で物を盗む人はいないから。」強引にベンチに荷物を置かされた。・・・参拝終了。



すると今度は「リックを背負ってこっちに来い」と言う、言われるままにしているとリックの紐を引っ張りキツキツに。「これで焼山寺、登るんやで。遍路ころがしもこれで大丈夫。」結構きついんですけど。こんな感じで法輪寺は納めました。ここのトイレは変わった形をしていた。次は第10番札所切幡寺(きりはたじ)へ向かいます。



切幡寺山門 切幡寺本堂 切幡寺の大塔



切幡寺は少し高いところにあり333段の階段が名物。お寺に登る入り口あたりのうどん屋(?だぶん、うどん屋だった)に、「お遍路さん荷物預かります」と休憩所が作ってあった。お店は今日は休み。地元のおばちゃんが「ここに荷物置いて登りぃー」と声を掛けてくれた。



ここで新たに歩き遍路のお遍路Bさんと出会った。60過ぎだったかな? 切幡寺まで同行することになりました。333段の階段はなかなかキツイ。でもこの時は知らなかった、山寺の階段と長~い参道はこんなもんじゃないてことを。333段なんて・・ かわいいもんだ!!だったのです。



切幡寺を納めて次は藤井寺。今日最後の札所になります。「若い人は歩くの速いね。僕はここで少し休んで行くよ。」と、ここで出会ったBさんと別れて歩き出す。そろそろお昼。で、うどん屋を発見。昨日もうどんだったのでスルーしてしまった。しかしこれ以降、この日にお店を目にすることはなかったのでした。昼抜き決定。



しばらく歩くと吉野川。車がすれ違えないような細い変わった形の橋を渡ります。周りは見渡す限り田んぼ。結構歩いたな。橋を渡った所に休憩所が・・・ 先客もおられる。お遍路さんではなさそう。「どこから来たん?」と話掛けられた。「佐賀からです。」「めずらしいな。福岡からは多いけど」しばらく世間話。



「今、君が歩いてきた所、吉野川の川底だよ。橋、変わってただろ。」

「変な形してましたね。」

「あそこはさあ、台風が来ると橋も田んぼもみんな吉野川に沈んじゃうんだよ。だから水の抵抗を減らすために橋があんな風になってんだ。」



吉野川



そうなのです。川底を歩いて来たのです。吉野川は「暴れ吉野川」と呼ばれているらしく、台風がくると手が付けられないらしい。「お遍路は始めてかい? だったら道案内してやるよ。趣味だから。」ここで出合ったこの方。今まで1000人以上のお遍路さんを道案内しているんだとか。家は15kmほど離れた所にあり、散歩がてらここまで来てお遍路さんを捕まえては案内しているらしい。



「宿はどことったの?」「さくら旅館です。」「また、へんなとことったな。戻らんといかんよ。旅館まで案内してやる。」藤井寺まで「近道いくよ。」と案内してくれた。道中は世間話と今まで案内したお遍路さんの話などで盛り上がり、藤井寺に到着。



藤井寺山門 藤井寺

藤井寺の参拝を済ませてこれから宿へ。



遍路ころがし登り口



「ここから、焼山寺に登るんや。遍路ころがしの入り口で、雑誌とかに一番よく載ってる有名な道しるべがこれ。」と、遍路ころがしの登り口まで教えてもらった。そして宿までも道案内。とても助かりました。「これから家まで15km。歩いて帰る。」だそうです。お元気ですね。



さくら旅館に着き、お昼を抜いたのでお腹が減ってへって、夕食まで時間もあるので駅前のコンビニにパン買いに出た。すると、あれは切幡寺で出会ったBさんではないか。さくら旅館の近くの三笠屋旅館に泊まるらしい。藤井寺はまだ打っていないとのこと。「ちょっと喫茶店にでも入らない?」と誘われたが、風呂があるのでと別れました。旅館は風呂が順番待ち。早く着いた人から入らないとツッカエちゃうんだよね。とは言え、今日の宿泊客は二人だけ。「この時期は本当に少ないよ。」と、宿の人。パンで小腹を満たし風呂にも入って夕食まで部屋で過ごす。...そして夕食。夕食の話題は「菅直人」。



「菅さんって、どの辺まで行かれたのでしょう?」

「5番札所までは聞いているけど、それ以降はどうなのか?」と宿の人。



第45番札所岩屋寺(いわやじ)の参道に菅さんの写真があったので、少なくてもここまでは行っているみたいです。歩きかどうかは分かりませんが。「何だ、最後まで行ってないんだ! だからイラ菅、直ってないんだよ。」と、結構失礼なこといって盛り上がってました。菅さん、ごめんなさい。



ここではビールのお接待を頂きました。お遍路中は禁酒、禁煙。と、決めていたのですが、お接待は例外。四国遍路では基本的には接待は断ったらいけません。久しぶりに飲むビールは格別です。楽しい夕食を頂きました。明日はいよいよ遍路ころがしの焼山寺です。





*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。






ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします