20日目は第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)を納めます。三日ががりで足摺岬を攻略です。

民宿久百々 足摺岬へ

今日は民宿久百々からお遍路スタート。食事を終え各自スタートして行きます。素泊まりの方、女性の方、年輩の男性の方、20代男性のお遍路さん、そして最後に僕。お接待にと飴玉などのおやつセットをいただきました。足の痛みは一晩寝たら和らぎ「何とかいける」。天気は小雨が降る程度。まだまだ大丈夫だな。雨具は着ずに歩き出す。前に歩くは20代男性のお遍路さん。「あれっ!まっすぐ行っちゃったよ。」近道の遍路道に入らずに国道をまっすぐ行ってしまった。近道を通って追い抜く。しばらく歩くと雨が強くなってきた。すると前方に海産物の直売所にテントが張ってあるのを見つけた。そこは先に出た年輩男性のお遍路さんが雨宿りしていた。

「やっぱり降ってきましたね。」と声をかける。
「うん。そうだね。・・・でも今日の宿は安いだけあって洋式トイレがなかったよね。」
「え!ありましたよ。和式の向い側に洋式トイレ。」
「本当、知らなかった!」
どうも洋式トイレじゃないとダメらしく愚痴ってきた。確かに歩き遍路で和式にかがむのは少々辛い。

ここで雨具を取り出しポンチョ姿に。「お先に」と先にテントを出ます。しばらく歩くと今晩泊まるであろう宿が見えて来た。金剛福寺は打戻りで参拝を終えると同じ道を戻り、次の札所へと向う。今日はこの辺まで戻って来る予定だ。民宿は2件ある、さてどっちに泊まろうか?下見をしながら歩く。・・・ 後で気が付いた。この時、宿に荷物を置かせてもらえば楽だったのに。この時は頭が回らず素通りして進んでしまった。以布利港のトイレで休憩。しばらくしてテントで別れた男性のお遍路さんがやって来た。「速いですね。民宿で一緒だった女性の方には会いませんでしたか?、まだ前の方を歩いてんですかね。」と尋ねる。「いや。そこで休憩しているよ。」見ると休憩所で休んでおられた。ここはかなり、りっぱな休憩所だ。金剛福寺まではまだまだ先。ここで二人と別れて休憩所を出発する。

以布利港の海岸から急な遍路道を登り県道に出る。ちょうど出たところで若い女性のお遍路さんとすれ違った。時間からして昨日は金剛福寺の宿坊あたりに泊まったんだろう。若い女性一人のお遍路さんは珍しい。いくつか遍路道をとおって窪津漁港へ。窪津漁港では鰹節の匂いがプーンとしてくる。鰹節の工場だ。ここの匂いはかなり強烈でした。足摺岬は海岸沿いを歩く。絶景の景色を期待していたのだが・・・雨と強い風で景色を見るどころじゃなかった。雨がさらに強くなる。休憩所を見つけてしばらく休憩。ここで民宿の女将さんからもらったおやつセットのバナナを食べる。ここらは店がない。昼食がわりにいただきました。



足摺岬へ2 足摺岬へ3 足摺岬

金剛福寺に近づくにつれて雨は小降りになってきた。ようやく足摺岬を攻略。金剛福寺の門前には旅館やお土産屋が立ち並ぶ観光地だ。日曜日とあって家族ずれなどの観光客も多かった。

金剛福山門 金剛福寺の境内 金剛福寺の亀 金剛福寺大師像

午後1時、ついに金剛福寺に到着。奇跡的に雨は止んだが、岬特有の強い風でロウソクとお線香になかなか火が付かない。台に立っているロウソクは見事にすべて消えていました。参拝が終わった頃に雨が降りだした。また強くなるのか・・・。

ジョン万次郎像 足摺岬展望台 足摺岬展望台2足摺岬の白い灯台

金剛福寺を納めてジョン万次郎像の横を通り展望台へ。ここが四国最南端です。白い足摺の灯台が見えます。絶景のはずなんですが……。晴れてなかったのが残念。



天狗の鼻 天狗の鼻から見る灯台 皇太子殿下御歌

さらに天狗の鼻。ここからも灯台が見えます。晴れた日にもう一度来たいな。そう思い足摺岬をあとにしました。

ここからもと来た道を戻ります。歩き初めてすぐに民宿が一緒だった男性お遍路さんが・・・。
「もう参拝終わったの早いなあ。で、戻るの?」
「真念庵まで打戻りです。打戻りしないのですか?」
「打戻りなんだけど、僕は足摺スカイラインを通って行くよ。」
それってキツクないですか?しばらくして70代女性のお遍路さんともすれ違う。「もう少しですよ」と声をかけた。カッパと傘もさして、さすがにキツそうに歩いていました。それから1時間ほど歩き、バナナを食べた休憩所まで戻ってきた。雨が強くなる。ここで宿を予約する。「少し遅くなります。」と宿に告げた。すでに午後3時を回っている。窪津漁港・・・以布利港と通る。遍路道はこの雨で川となっていた。足が痛い。時間がとても長く感じる。

ようやく今日の宿、民宿星空に到着。時間は午後6時を過ぎていた。「大変だったでしょう。風呂の用意ができてます。服は洗濯しますのでカゴに入れててください。」と女将さんが迎えてくれた。あまりに遅いので、民宿のご主人は車で探しに出てくれていた。大変、ご心配をおかけました。靴を脱ぐ。「新聞紙、詰めときますね。」と、靴に新聞紙を詰めてくれた。とても親切な女将さんだ。さっそく風呂に入る。服を脱ぎ靴下を脱ぐ。すると僕の足は見るも無残な姿になっていた。痛いはずだ。足のマメを処理し風呂を済ませて食事です。

今日の客は僕ひとり。ひとりでテレビを見ながらいただきました。痛い足を引き摺り部屋に戻る。明日は歩けるだろうか?無理なら一旦、佐賀に帰ろう。区切り打ちになっちゃうな。

三日かけて足摺岬を攻略。この間、雨の日が続き足のコンディションは最悪に。ここでリタイヤも考えました。まだ次の札所までは40kmほどあります。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。

ながらく愛用しておりましたライブドアブログですが更新終了とさせていただきます。なお、以降の記事はWordPress版新ブログにて更新いたします。引き続きよろしくお願いします。

みちしるべ2 元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他
http://signpost.click/

RSSフィード
http://signpost.click/feed
 ↑ RSSリーダでお読みの方はこちらの変更もお願いします