みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

旅行記/世界一周/東南アジア編

ワット・ポーの観光に行く(バンコク パート3)


またまたタイはバンコクです。メーソットからは高速バスで戻ってきました。その記事は?って、もう移動の記事はみなさん飽き飽きでしょう。一応書きますと、ファーストクラスのバスで運賃は410バーツ(約1,500円)、ゆったり快適なバスの旅でした。これでタイには3度目の入国なのですが、まだ、ほとんど観光らしい事はしていません。そろそろワット・ポーぐらいは行っとかないと・・・かな?



バンコクの宿「オールドタウン ホステル」 オールドタウン ホステルの1階



バンコクの拠点はやっぱり「オールドタウン ホステル」です。とてもお気に入りの宿となりました。ゴチャゴチャした街中からは少し離れた場所になるが、フワランポーン駅までは歩いて15分ぐらいです。近くにはポート乗り場もあるので移動にも意外と便利な立地です。カオサンには遠いけど・・・



安心のタイの食事



やっぱりバンコクは落ち着く。物価が安く食べ物も安心して食べられます。タイの飯に飽きたら中華だって日本食だってある。コンビニの弁当も充実している。生活するのになんら困る事はありません。だからダラダラしてしまうのだろうなあ。



タイのセブンイレブン セブンイレブンのホットサンド



タイのセブンイレブンのサービスはなかなか充実しています。ホットサンドは店頭のプレートで焼いてくれます。アツアツです。安くて美味しいのでタイ飯に飽きたらこちらもお勧めです。




続きを読む

やっぱり悪路だった!ミャワディへの道~さようなら、ミャンマー


ミャンマーの旅も終了



さて、ミャンマーの旅もこれで終わり。再びタイはバンコクへ戻ります。バンコクへは来た道を逆に辿る形になる。再び悪路と言われるミャワディへの道を走らなければならない。アジアハイウェーの整備も進み、どうも一日おきに片側一方通行が入れ替わる事はなくなったみたいだったが・・・ 確信は持てなかった。ひょっとしたらヤンゴンで足止めかな?と思っていた。



バスのチケットは宿の隣にある旅行会社で手配する事にした。ひょっとしたらミャワディまでの直行便もあるかもしれない。少し期待しながら旅行会社を訪ねるが・・・やはり、なかった。ミャワディへはヤンゴンでバスを乗り換える必要があるみたいだ。



バガン-ヤンゴン-ミャワディのバスチケット



旅行会社での最初の説明では、朝にバガンを出て、夕方にはヤンゴンに着く。ヤンゴンから夜行バスで国境の町ミャワディまで行けるとの事だった。バガンを出て次の日の朝には国境を越えタイに戻れる。



しかし、いざバス会社に確認を取ってみると、ヤンゴンからミャワディへのその日(2015/06/05)の夜行バスのチケットは無いとの事だった。売り切れ? それともやっぱり一日おきに片側一方通行が入れ替わっているのだろうか? 来る時は運よく「通れる日」だったのだろうか?




続きを読む

バガンの夜明けと少女


ニューバガンの街角



バガン観光はレンタルバイクを借りて周るのが定番のようだ。ホテルのあるニューバガンからオールドバガンまでは約4キロほどある。歩いても1時間ほどで行く事が出来る。やっぱり観光は歩きが基本でしょ! 歩いてオールドバガンまで行く事にした。



オールドバガンへ続く道



ニューバガンの町を出ると真っ直ぐ一本の道がオールドバガンに向けて伸びている。道の進むと大小のパゴダや寺院跡などの遺跡が次々と現れる。想像以上の多さに圧倒されながら先にへ進む。



遺跡とポストカード売りの少女



ひときは大きな遺跡を見つけた。ちょっと中まで入ってみる事にする。階段を登って行くとヒョッコリと女の子が姿を現れた。歳は15才ぐらいだろうか。カメラを構えると写真に写り込まないように遺跡の影に隠れる仕草が可愛らしかった。




続きを読む

世界三大仏教遺跡 バガンへ


ヤンゴンの次はバガンだ。カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに世界三大仏教遺跡のひとつと称されるバガン。広い地域にパゴダや寺院などの遺跡が点在しその数3,000以上と云われる。



アウミングラーバスターミナル



バガン行きのバスはヤンゴンの町の外れのアウミングラーバスターミナルから出ている。バスターミナルと言うよりはバス会社の溜まり場といった感じだ。50社以上はあるだろうか? バス会社のオフィスがズラリと並ぶ。同じ会社のオフィスもあるだろうから正確な数は分からない。とにかく多い。



BAGAN MINNのバスオフィス BAGAN MINNのオフィス前



各会社のバスは自社のオフィスの前が発着地点だ。このバスターミナルは行き先別ではなく会社別なのだ。自分の行き先のバスを探すにはバス会社のオフィスを一軒一軒まわらなければならない。英語の表記も少なく、なかなか大変そうである。なので、チケットの手配はゲストハウスにお任せした。無難な選択だ。




続きを読む

ヤンゴンをぶらぶら散策


ヤンゴンの宿には夜10時ごろ着いた。バンコクのホステルを出たのは前日の夕方6時だったから実に28時間の大移動だった。さすがに疲れたのでシャワーを浴びてグッタリ寝る。ヤンゴンには3泊4日の滞在だ。着いて2時間で早くも1日目(2015/05/29)が終了した。



2日目(2015/05/30)。ヤンゴンの宿「アッガ ゲストハウス」は朝食付きだった。朝食を取っていると二人の日本人がチェックインしてきた。シンヤ君とミナミさんです。二人はバガンからのバスで一緒になったとの事。久しぶりの日本人との遭遇です。少しだけ会話して一人で外に出る。とりあえず、宿の周りと駅までちょっと歩いてみる事にした。



ゲストハウス近くのスーパーマーケット



宿の近くでコンビニやスーパーを探す。スーパーは近くにあった。「JAPAN STORE」が気になる。タイではセブンイレブンが50メートルぐらいの間隔で乱立していたが、数年前まで鎖国状態にあったミャンマーにはあるはずもない。やはり、こういった世界的な大手チェーンはまだないのかな?と思ったら・・・



ゲストハウス近くのロッテリア ロッテリアは韓国資本?



ロッテリアがあった。お昼はハンバーガーで決まりです。バーガーの包み紙にはハングル文字が書かれてあった。どうも韓国資本のようです。少しずつ外資も入って来ているのかな?




続きを読む