36日目は民宿岡田をスタート。第66番札所雲辺寺(うんペんじ)から第69番札所観音寺(かんおんじ)までを納めます。

朝6時に朝食。

「今日はどこまで行くの?」とお遍路Dさんが聞いてきた。
「観音寺まで打とうかと・・・宿もこの近くに取るつもりです。」
「まあ、その辺だよね。でも、君の足なら次の本山寺まで行けるんじゃない?」
「いえ、明日は善通寺(ぜんつうじ)の宿坊に泊まる予定なので、今日は無理しないんですよ。やっぱり善通寺には泊まっておきたいでしょ。」
「なるほどね。」と納得した様子。
善通寺は弘法大師の父、佐伯善通(さえきよしみち)の名前が付いた真言宗善通寺派の総本山。そこの宿坊は押さえておきたい四国遍路のスポットの一つだ。食事を終えて民宿を出る。Dさんは一足早くスタートしていた。昨日、聞いてたとおり、登り口から1kmは勾配はそれほどではないが平らな所がない。ずーっと登り坂です。そこを抜けると意外と楽。

雲辺寺山門 雲辺寺本堂 雲辺寺大師堂 雲辺寺一言観音

雲辺寺手前でDさんと合流し、午前8時30分に雲辺寺へ到着。一時間半で着いちゃいました。四国遍路の難所の一つと聞いていたが・・・大した事なかったなあ。実は昨日泊まった民宿岡田で、すでに標高240m。昨日かなり登っていたのだ。確かに椿堂の辺りから一気に登るとキツイのかもしれない。


雲辺寺五百羅漢 雲辺寺五百羅漢2 雲辺寺五百羅漢3 雲辺寺五百羅漢4

雲辺寺といえば五百羅漢像とロープウェイです。ここの羅漢像は遍路前半で見た第5番地蔵寺の奥の院五百羅漢とは違ってとてもリアル造形です。気持ち悪くなるくらいウジャウジャいました。「以前、来た時は少なかったんだけど・・・」とDさん。やっぱり山寺は街のお寺と違ってスケールが違うな。

雲辺寺登山道からの景色

雲辺寺は香川県と徳島県の境界線上にあり住所は徳島県三好市になります。つまり、ここは発心の地でもある訳です。涅槃の道場に入る前に「初心忘るべからず」って事でしょうか?いよいよ讃岐の国香川県に入ります。Dさんと別れ次の第67番札所大興寺(だいこうじ)へは約10kmほど。雲辺寺を下る道は登山道となっているらしく、多くの登山者とすれ違いました。登りと違ってよく整備されていて歩きやすい道です。

大興寺山門 大興寺本堂 大興寺大師像 大興寺小松尾寺のカヤ

ちょうど昼頃に大興寺に到着。大興寺を納めて次は第68番札所神恵院(じんねいん)と第69番札所観音寺です。ここは同じ境内の中に二つの霊場があります。明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響を受け一寺二霊場の札所となったらしい。大興寺を出てすぐ国道に出ると・・・いました!銭形くん。昨日もらった地図に「銭形くんの石碑に要注意」と書かれてあった。「西へ、8キロ」とあるが、指が指している方向は何故か北です。しかし何故、銭形平次なのか?

観音寺市マンホール 観音寺市銭形くん

観音寺市内に入るとマンホールには寛永通宝がデザインされてある。寛永通宝にゆかりがあるのか?観音寺市では地域通貨として寛永通宝を使用出来るらしい。市内の使用可能店で1枚30円で使えるそうです。でも何故、寛永通宝? おなかも減り途中、コンビニでおにぎりを買って食べる。アイスも買って少し休憩。ガリガリ君っておいしいですね。火照った体にいは炭酸飲料よりアイスがきく。お遍路中はガリガリ君に、はまってました。今日の宿は第68,69番札所近くの藤川旅館。先に旅館に行く予定だったが「今から外出するので、5時以降に来てください。」と言われ、そのまま札所に行くこととなった。

68番神恵院と69番観音寺の山門 68番神恵院と69番観音寺の納経所

午後3時、68番神恵院と69番観音寺に到着。ここは本当に隣り会わせに建っています。山門を入って右から69番本堂・大師堂、68番大師堂・本堂の順に並ぶ。納経所も一緒で同じ方から両方のご朱印をいただきました。


神恵院境内 神恵院本堂入り口 神恵院本堂 神恵院大師堂

68番神恵院


観音寺本堂 観音寺大師堂 観音寺鐘楼 観音寺境内

69番観音寺

旅館に行くにはまだ早いので、ゆっくりしてるとDさんが追いついてきた。「展望台にはもう登った?」「いえ、まだですけど。」へーえ、ここには展望台があるんだぁ。あとで登ってみようかな?・・・ 午後4時頃、藤川旅館からチェックインOKの電話が入る。早くゆっくりしたい気持ちが強すぎたのか?展望台に登るのを忘れてしまった。

寛永通宝 寛永通宝でお買い物

旅館に着くと女将さんが「展望台には登られました?寛永通宝の砂絵が見えるんですけど・・・。」と、ここで気付かされた。しまった、登るのを忘れた!なんでもその砂絵を見ればお金に不自由しないらしい。でも、なんで寛永通宝なんだ!?記念にと寛永通宝を一枚いただいた。

藤川旅館夕食 藤川旅館夕食のマテガイ2 藤川旅館夕食のマテガイ

風呂に入り夕方6時に夕食。なんか変わった形の貝が皿に山盛りになっている。「マテガイのバター焼きです。」と女将さん。初めて食べる。少しグロテスクな外観ですが・・・ なかなかおいしかった。ここらではよく食べられているのだろうか?

明日は善通寺までの六ヶ寺を納めます。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。