みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

旅行記/歩きで四国遍路/高知編

22日目 第39番札所延光寺(えんこうじ)~菩提の道場 伊予の国愛媛県、城辺ビジネスホテル

22日目は高知県最後の札所、第39番札所延光寺(えんこうじ)を納めます。

6月22日朝

今日で高知県を後にして菩提の道場、伊予の国愛媛県に入ります。ひさしぶりに天気は晴れ、青い空が見えます。朝7時に清水川荘を出て9時30分に延光寺に着きました。

延光寺山門 延光寺境内 延光寺梵鐘の亀 延光寺眼洗いの井戸

まず目にするのは梵鐘を背負った亀の像。亀が背負って海から現れたという梵鐘がこの寺に伝わっている。ここには「眼洗いの井戸」と言われる井戸があり、この水で目を洗うと眼の病気にご利益があると言われています。早速、メガネをしている僕は目を洗う。「ご利益がありますように。」



延光寺寺山のいぶき

延光寺の山門を出て左には、天然記念物の「寺山のいぶき」が隠れて立っています。樹齢500年だそうです。ここが高知最後の札所になります。四国遍路も半分終わったのか・・・ 徳島はいろんな人と歩いた・・・ 高知に入っては一人旅・・・ 愛媛ではどんな出会いが待っているのか?完全にお遍路にハマッテしまった感じがします。延光寺を納めて歩き出すとすぐ、ここで再会!野宿のお遍路Iさん。しばらく立ち話。

「久しぶりですね。」
「足摺の前の民宿でも会ってんだよ。そう、久百々。素泊まりで泊まってたんだけど。」
どうやら民宿久百々の素泊まりのお客さんが、Iさんだったらしい。足摺岬の道中では会わなかったなあ。
「昨日はどこに泊まったの?」とIさん。
「僕は清水川荘。なんだかな~って感じだったよ。」
「そう、僕はダムの横の梅の木公園で野宿してたよ。」
だいたい同じペースでここまで来ていたらしい。
「足摺岬に行く途中、若い女性のお遍路とすれ違わなかった?どうやら野宿しているらしいよ。」
たしかに荷物が重そうだったな。野宿遍路だったんだ。足摺の三日間の事をいろいろ話して別れました。

レストラン鶴亀 レストラン鶴亀のハンバーグ定食

午前11時30分、レストラン鶴亀で昼食。ハンバーグランチをいただきます。食事を終えてしばらく歩くと遍路道。松尾峠を登ります。



土佐の褐牛 土佐の褐牛2 土佐の褐牛3

途中、牛が放牧されていました。土佐の褐牛(あかうし)、有名なのだろうか? 確かに肌が赤みがかってます。とてもおとなしい性格らしい。「モーすぐ、伊予やけん」そう、松尾峠を越えたら愛媛県なのです。牧場の先から松尾峠へ登る遍路道。急な登りが続く、さすが土佐は修行の道場。この峠道、なかなかの難所です。

松尾大師堂跡愛媛県に入る

午後2時に松尾峠の頂上、松尾大師堂跡に到着。ここからは愛媛県に入り穏やかな下り坂。

松尾大師

午後3時には松尾大師前を通過しました。遍路道から国道56号線へ。ここをひたすら歩きます。松尾峠越えで喉はカラカラ。自販機でジュースを買ってジュース片手に歩く。

みかど食堂 みかど食堂のから揚げ定食

午後5時30分、今日の宿、城辺ビジネスホテルに到着。ちょうど小雨が降り出した。素泊まりなので前にあるみかど食堂で、から揚げ定食をいただく。近くの商店で朝食のパンを買ってホテルに戻ります。風呂に入り洗濯機が無料で使えたので洗濯をして就寝。

明日はいよいよ愛媛の札所へ。四国遍路の半分が終わり後半戦に突入です。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。

21日目 真念庵への戻打ちコースを歩く、清水川荘

21日目も一日歩きます。次の第39番札所延光寺(えんこうじ)までは40kmほどあります。天気は曇り。しかし・・・午後から天気は崩れます。

今日は民宿星空からスタート。新聞紙がギュウギュウに詰まった靴から新聞紙を取り出す。靴に足を入れると・・・「おっ!結構、乾いてるぞ!」水が靴下に滲みてこない。足の痛みも一晩寝ると不思議と和らいでいた。今日も歩けるな。

太平洋 民宿久百々

天気は曇りで視界もいい。「こんなとこ、あったっけ?」昨日も歩いた道を歩く。景色が昨日とは違って見えた。やっぱり、お遍路は晴れてないと楽しくないな。真念庵へ・・・ 昨日、雨が降ってきて休憩をした直売所のテント・・・昨日泊まった民宿久百々・・・ おととい通ったスリーエフで休憩・・・ そして、午前11時20分に真念庵近くのドライブイン水車に到着。少し早いがここで昼飯をと?・・・水車が回ってない。まさかの休業でした。この先しばらくお店がない。自動販売機でジュースを買って、がぶ飲みしてお腹を満たす。今日は昼飯抜きかぁ。

真念庵納経所の案内

真念庵はどこだろう?ここから県道46号線へ。しばらく行くと真念庵の納経所が・・・ ここから行けるのか!しかし、真念庵には寄らず道を急ぐ。なぜ寄らなっかったのだろう。足の痛みのせいか先に進むことだけを考えていた。



真念石 真念石の説明

午後2時、真念石前を通過。真念石は真念法師の道標。ここを右に行くように案内してある。それが正しい遍路道のようだが峠越えとなるので、ここはまっすぐ平坦なコースへ。真念石を超えたあたりから雨がポツリポツリと降り始める。自然と歩くペースも早くなった。この辺はどぶろく通りと呼ばれ、農家の方が個人で経営される食堂が数件ある。しかし、雨が本格的に降り始めると早く今日を終わらせたいという欲望が強くなった。足も痛い。とにかくひたすら歩いた。

三原村マンホール

三原村を抜けて午後4時頃、今日の宿、清水川荘に到着。足の痛みはこの日がピーク。今日は雑な一日だったなあ。と反省して終了です。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。

20日目 第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)、民宿星空

20日目は第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)を納めます。三日ががりで足摺岬を攻略です。

民宿久百々 足摺岬へ

今日は民宿久百々からお遍路スタート。食事を終え各自スタートして行きます。素泊まりの方、女性の方、年輩の男性の方、20代男性のお遍路さん、そして最後に僕。お接待にと飴玉などのおやつセットをいただきました。足の痛みは一晩寝たら和らぎ「何とかいける」。天気は小雨が降る程度。まだまだ大丈夫だな。雨具は着ずに歩き出す。前に歩くは20代男性のお遍路さん。「あれっ!まっすぐ行っちゃったよ。」近道の遍路道に入らずに国道をまっすぐ行ってしまった。近道を通って追い抜く。しばらく歩くと雨が強くなってきた。すると前方に海産物の直売所にテントが張ってあるのを見つけた。そこは先に出た年輩男性のお遍路さんが雨宿りしていた。

「やっぱり降ってきましたね。」と声をかける。
「うん。そうだね。・・・でも今日の宿は安いだけあって洋式トイレがなかったよね。」
「え!ありましたよ。和式の向い側に洋式トイレ。」
「本当、知らなかった!」
どうも洋式トイレじゃないとダメらしく愚痴ってきた。確かに歩き遍路で和式にかがむのは少々辛い。

ここで雨具を取り出しポンチョ姿に。「お先に」と先にテントを出ます。しばらく歩くと今晩泊まるであろう宿が見えて来た。金剛福寺は打戻りで参拝を終えると同じ道を戻り、次の札所へと向う。今日はこの辺まで戻って来る予定だ。民宿は2件ある、さてどっちに泊まろうか?下見をしながら歩く。・・・ 後で気が付いた。この時、宿に荷物を置かせてもらえば楽だったのに。この時は頭が回らず素通りして進んでしまった。以布利港のトイレで休憩。しばらくしてテントで別れた男性のお遍路さんがやって来た。「速いですね。民宿で一緒だった女性の方には会いませんでしたか?、まだ前の方を歩いてんですかね。」と尋ねる。「いや。そこで休憩しているよ。」見ると休憩所で休んでおられた。ここはかなり、りっぱな休憩所だ。金剛福寺まではまだまだ先。ここで二人と別れて休憩所を出発する。

以布利港の海岸から急な遍路道を登り県道に出る。ちょうど出たところで若い女性のお遍路さんとすれ違った。時間からして昨日は金剛福寺の宿坊あたりに泊まったんだろう。若い女性一人のお遍路さんは珍しい。いくつか遍路道をとおって窪津漁港へ。窪津漁港では鰹節の匂いがプーンとしてくる。鰹節の工場だ。ここの匂いはかなり強烈でした。足摺岬は海岸沿いを歩く。絶景の景色を期待していたのだが・・・雨と強い風で景色を見るどころじゃなかった。雨がさらに強くなる。休憩所を見つけてしばらく休憩。ここで民宿の女将さんからもらったおやつセットのバナナを食べる。ここらは店がない。昼食がわりにいただきました。



足摺岬へ2 足摺岬へ3 足摺岬

金剛福寺に近づくにつれて雨は小降りになってきた。ようやく足摺岬を攻略。金剛福寺の門前には旅館やお土産屋が立ち並ぶ観光地だ。日曜日とあって家族ずれなどの観光客も多かった。

金剛福山門 金剛福寺の境内 金剛福寺の亀 金剛福寺大師像

午後1時、ついに金剛福寺に到着。奇跡的に雨は止んだが、岬特有の強い風でロウソクとお線香になかなか火が付かない。台に立っているロウソクは見事にすべて消えていました。参拝が終わった頃に雨が降りだした。また強くなるのか・・・。

ジョン万次郎像 足摺岬展望台 足摺岬展望台2足摺岬の白い灯台

金剛福寺を納めてジョン万次郎像の横を通り展望台へ。ここが四国最南端です。白い足摺の灯台が見えます。絶景のはずなんですが……。晴れてなかったのが残念。



天狗の鼻 天狗の鼻から見る灯台 皇太子殿下御歌

さらに天狗の鼻。ここからも灯台が見えます。晴れた日にもう一度来たいな。そう思い足摺岬をあとにしました。

ここからもと来た道を戻ります。歩き初めてすぐに民宿が一緒だった男性お遍路さんが・・・。
「もう参拝終わったの早いなあ。で、戻るの?」
「真念庵まで打戻りです。打戻りしないのですか?」
「打戻りなんだけど、僕は足摺スカイラインを通って行くよ。」
それってキツクないですか?しばらくして70代女性のお遍路さんともすれ違う。「もう少しですよ」と声をかけた。カッパと傘もさして、さすがにキツそうに歩いていました。それから1時間ほど歩き、バナナを食べた休憩所まで戻ってきた。雨が強くなる。ここで宿を予約する。「少し遅くなります。」と宿に告げた。すでに午後3時を回っている。窪津漁港・・・以布利港と通る。遍路道はこの雨で川となっていた。足が痛い。時間がとても長く感じる。

ようやく今日の宿、民宿星空に到着。時間は午後6時を過ぎていた。「大変だったでしょう。風呂の用意ができてます。服は洗濯しますのでカゴに入れててください。」と女将さんが迎えてくれた。あまりに遅いので、民宿のご主人は車で探しに出てくれていた。大変、ご心配をおかけました。靴を脱ぐ。「新聞紙、詰めときますね。」と、靴に新聞紙を詰めてくれた。とても親切な女将さんだ。さっそく風呂に入る。服を脱ぎ靴下を脱ぐ。すると僕の足は見るも無残な姿になっていた。痛いはずだ。足のマメを処理し風呂を済ませて食事です。

今日の客は僕ひとり。ひとりでテレビを見ながらいただきました。痛い足を引き摺り部屋に戻る。明日は歩けるだろうか?無理なら一旦、佐賀に帰ろう。区切り打ちになっちゃうな。

三日かけて足摺岬を攻略。この間、雨の日が続き足のコンディションは最悪に。ここでリタイヤも考えました。まだ次の札所までは40kmほどあります。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。

19日目 二泊三日で足摺岬の第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)を目指す二日目、民宿久百々

19日目は民宿みやこをスタート。次の第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)までは50km。一日歩きます。

今日も一日雨が降りそう。昨日洗濯した服は半乾き。何とか着れなくもない。夕食と同様に朝食もかなりのボリュームの食事を平らげ朝7時に民宿を出発。しばらくして道の駅ビオスおおがた前、「昨日はここでIさん、野宿したのか。」と、思いながら歩いていると道の駅を通り過ぎてしまった。道の駅横から遍路道があったのだが・・・また、道を間違えた。少し遠回りすることになちゃったよ。土佐入野の駅前を通りコインランドリー手前を左へ。歩き遍路道に合流して、目指すは四万十川だ!雨も小降りになってきた。ポンチョを脱いで歩く。



四万十川 四万十大橋 四万十大橋2 四万十大橋3

午前11時、四万十川が見えた。四万十大橋の手前の休憩所でしばらく休憩。ジュースを買って休んでいると雨が強くなってきた。ポンチョは頭からかぶるので菅笠を取らないと着れない。これが結構めんどくさい。「降るのか降らないのか、どっちかにしてくれ!」

十文字のハンバーグ定食 

四万十大橋を渡り、しばらく歩くと3件の飲食店がある。ここでお昼を予定していた。なんとなく、うどんには拒否反応が出てしまう。嫌いなわけではないんだけど。うどん屋をさけてレストラン大文字に入いる。和風なハンバーグ定食をいただきました。雨は小降りに・・・。

大文字山の案内 大文字山?

食堂を出てすぐに大文字山の案内が・・・ふと右を見ると・・・あった!あれか?大文字山。小さくねぇ~!と言うより山なの?次に目指すは真念庵。ここが次の札所金剛福寺への打戻りの起点となります。国道321号線を歩く。「あっ!今日は土曜日。早く宿を押さえておかないと・・・」と思い、新伊豆田トンネルという長いトンネルを抜けた所で宿の予約を入れる。民宿いさりびへ「・・・今日は20人の団体さんが泊まるので・・・無理ですね。」ダメだった。次に民宿久百々へ・・・宿、取れました。

午後2時、真念庵近くのドライブイン水車に到着。「真念庵はどこだ!」探したが見つからず。どうやら国道沿いではないらしい。ここが打戻りの起点。いよいよ足摺岬です。

民宿久百々 足

雨の日は時間がたつのが遅い気がする。疲れのせいなのか?ずいぶん長い間歩いた気がしたが・・・ 午後4時に民宿に到着。足が痛い。雨が降ると足裏の皮が蒸れてやわらかくなり、マメが出来やすくなる。これがマメかー!マメとか言う可愛いもんじゃない。連日の雨の中の移動で足裏には水が溜まっていた。痛いはずだよ。歩く度に痛い。水を抜いてマメを処理。

民宿久百々の夕食 民宿久百々の菅さん写真

午後6時、痛い足を引き摺り1階の食堂へ。今日の宿泊客は5人。団体ではなく個人のお遍路さんで5人泊まるのは、この時期めずらしいらしく女将さんもうれしそう。食堂に4人揃ったところで「記念に写真を撮らせてください。ホームページに載せますから。」と写真を撮られました。残りの1人は素泊まりらしい。今日一緒になったのは、20代であろう若い方、60前後の男性の方と70代の女性のお遍路さんです。みなさん歩きで金剛福寺を目指すんだとか。女将さんも加わり楽しいお遍路話。「ちゃんと帰ってこれるか心配。」と女性のお遍路さん。「バスは手を上げると、お遍路さんだと何処でも止まってくれるよ。」と女将さんがアドバイスをしていました。デザートにはスモモが出てきた。懐かしい味です。ここの食堂に菅直人さんの写真が貼ってありました。ここにも泊まってたんだ。

明日はいよいよ足摺岬、金剛福寺を納めます。天気には期待できません。



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。

18日目 二泊三日で足摺岬の第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)を目指す、民宿みやこ

18日目は一日歩きます。次の第38番札所金剛福寺(こんごうふくじ)までは80km。

雨の中スタート

今日は岩本寺近くの村の家からスタート。一日雨模様。昨日に続き国道56号線をひたすら歩きます。途中、「ガンバッテクダサ~イ!」と外国人の自転車遍路に励まされた。午前10時30分頃、佐賀温泉前を通過。施設は改装中で休業していました。さらに歩く。ひたすら歩く。雨の中午後1時頃、ドライブイン幡多路で昼食。ここで今日の宿、民宿みやこを予約します。そして歩く。宿までもう少しってところで、また会った!野宿お遍路Iさん。土佐東寺大師堂で休んでいました。須崎市内で後ろ姿を見てから二日ぶりです。

「追いつかれちゃったね。今日はどこに泊まるの?」とIさん。
「すぐそこの民宿みやこを予約した。須崎市内で見かけたんだけど・・・早かったね。駅の方から出てきたんで電車に乗ったのか?と思った。」
「電車には乗ってないよ。途中、渡し舟には乗ったけどね。正規の遍路道らしいよ。」
確かに渡し舟があったな。浦ノ内灰方あたりか?昔も船で渡っていたのかな。
「昨日はどこに泊まったの?」
「岩本寺近くの村の家です。」
「キャリーバックで歩いてるお遍路さんに会わなかった。岩本寺で一緒になったんだけど。二人で通夜堂を借りようてことになって・・・」
あっ!昨日出会ったコロコロお遍路さんだ。
「・・・ そのおっさん、納経しないんだよ。ついたらすぐに納経所で通夜堂を借りちゃってさあ。一人にしか貸せないって言われて借りられなかったよ。どう思う?」
どう思う?って言われても・・・ お気の毒です。あの人、スタンプラリー遍路だったのか。
「佐賀温泉で風呂に入ろうと思ってたんだけど改装中だし散々だったよ。」
今日はこの先の道の駅ビオスおおがたで野宿だそうだ。10分ぐらいだろうか。話をして別れました。そして歩くこと10分。今日の宿、民宿みやこに到着です。ここは周りに店がないので2食付きで泊まります。

今日の宿泊客は僕を含めて二人。もう一人の方もお遍路さんみたいだが、歩きではないようだ。玄関には新聞紙が用意されていた。靴に突っ込んで水を吸ってもらう。靴も服もグッショグッショだ。風呂に入り食事は1階の喫茶店でいただきます。結構はボリュームのお食事でした。洗濯が終わり部屋に干す。ここはクーラーが有料です。迷った挙句、ケッチってしまった。こういうところが貧乏症でいけない。服乾くだろうか?

明日も一日歩きます。金剛福寺まではまだまだ50km。遠い~ぃ!



*このブログは四国遍路の回想記です。記憶違いで若干事実と違っている場合があります。