みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

旅行記/自転車で旧街道/東海道五十三次の旅

東海道五十三次の旅を終えて


東海道五十三次自転車の旅

*Google マップ からもご覧になれます。こちらから



昨日、東海道五十三次の旅から無事に帰ってきました。激走の6日間。東京から京都までの旧東海道492キロを自転車で駆け抜けた。一部、旧街道から外れることもありましたが、ほぼ予定通りのルートを辿れたかと思います。スマホのナビがなかったら相当迷ってただろうね。日程がキツかったため、ろくに観光も出来ませんでしたが、五十三の宿場では旧東海道の歴史に触れる事ができ、十分に楽しめました。次はゆっくりと回りたいですね。



旅の模様は近いうちにブログにアップしていきたいと思います。



旅でついたキズ 旅でついたキズ3 旅でついたキズ2

旧東海道を一緒に駆け抜けた愛車のケープちゃん。

車体のキズは過酷な旅の勲章です。風が強く、2度ほど駐輪場で倒れていた。悲しくなります・・・。輪行の時にもキズを付けてしまったようだ。しっかりメンテしてやらなければ・・・



さてさて、ゴールデンウィークも今日で終わり。明日は祝日なのにねぇ・・・、休みの人が羨ましいです。

旅で疲れた身体の方のメンテもしっかりやって、また仕事を頑張るぞっと! さあ、期間社員の期間満了まで残り3ヶ月を切った! もう一踏んだりなのだ!






東海道五十三次 最終日 草津宿(くさつしゅく)~京・三条大橋


最終日



いよいよこの旅も最終日となります。5日で走りきる予定が一日の伸びてしまいました。残りは距離にして約26キロ。今日は確実にゴールです。



草津宿



昨日泊まったのは、南草津駅近くのビィビィという総合アミューズメント施設。週末でホテルが取れず、カラオケルームの一室でソファーに横になって一夜を過ごした。おかげで寝不足です。深夜2時ごろまで寝つけず、5時ごろには目を覚ます。ゴールは目前。もう一眠り、と思うのだが寝ることができず。しばらく横になってから仕度を始める。どうも寝るにも体力が必要らしい。シャワーを浴び、軽く朝食を取ってスタートです。




続きを読む

東海道五十三次 5日目(後編) ・・・関宿(せきしゅく)~石部宿(いしべしゅく)、ビィビィ


・・・ 前編の続き



関宿



関宿は、古代に鈴鹿の関があったところ。箱根と新居の関所は江戸時代のもの。ここは間違いなく東海道五十三次の最大の見所だ。国の重要伝統的建造物郡保存地区となっており、地区内の7割は戦前までの建物だ。電柱も一掃されている。



関宿への入口



関宿への入口。国道1号から江戸時代へと・・・



東の追分と一の鳥居 東の追分



東の追分と一の鳥居。ここは伊勢別街道との分岐点。かつては、この鳥居をくぐって伊勢参りへと向かっていた。



伊藤本陣跡 川北本陣跡 関宿問屋場跡



島田宿の大井川の川合集落は復元されたもので、江戸時代にタイムスリップした感じだったが、ここ関は、江戸の町並みがそのまま時代が流れ、現代まできたって感じだった。




続きを読む

東海道五十三次 5日目(前編) 四日市宿(よっかいちしゅく)~亀山宿(かめやましゅく)・・・


5日目



5日目は四日市市からスタートです。京の三条大橋までは約105km(ガイド本より)。予定通りにいっていないと思っていたが、なかなかどうして、何とか5日で走破できそうです。



ヒールイン四日市



昨日泊まったホテルは朝食付きだった。1階のレストランでバイキング形式の朝食をいただく。出来るだけ早くスタートしたかったが、レストランのオープンが6:30だったので、7:10スタートとなってしまった。腹いっぱい飯を食って、コーヒーを飲んで・・・ ゆっくりとしてしまいました。残りは100kmあまりだが、最後の難所、鈴鹿の峠越えが残っている。あんまりゆっくりもしていられない。



四日市市マンホール 四日市市マンホール2



昨日まで悩ませられた強風はおさまっていた。天気は良好。今日は順調に行けるんじゃないか? 石薬師宿(いしやくししゅく)へ。四日市市内を抜けていく。



日永の追分



7:40 日永の追分の道標。「右京大阪道、左いせ参宮道」

ここまでは順調だった。しかし・・・



杖衝坂登り口



9:45 杖衝坂(つえつきざか)の登り口。

日永の追分からは・・・なんと2時間。この旅、最大のチョンボを犯してしまった! スタートで道を間違える、このジンクスは今日も健在だった。そして迷走・・・




続きを読む

東海道五十三次 4日目(後編) ・・・鳴海宿(なるみしゅく)~桑名宿(くわなしゅく)、ヒールイン四日市


・・・ 前編の続き



鳴海



刈谷市を抜けて豊明市へ。



刈谷市マンホール



刈谷市の色付きマンホール。



阿野一里塚 豊明市マンホール



12:40 阿野一里塚を過ぎ、桶狭間古戦場跡・・・ やっぱり今日も日程に余裕がない。古戦場跡には寄らずに先へと急ぐ。代わりに豊明市のマンホール。どうやら桶狭間の会戦がモチーフになっているようだ。影が映りこんでいる。今日は天気がとても良い。風さえ強くなければ最高なのだが・・・




続きを読む