みちしるべ2

元トヨタ期間工の世界一周旅行記、他

旅行記/自転車で旧街道/東海道五十三次の旅

東海道五十三次 4日目(前編) 吉田宿(よしだしゅく)~知立宿(ちりゅうしゅく) ・・・


東海道五十三次自転車のたび4日目



東海道五十三次の旅、4日目。後半戦に突入です。今日も風が強い。「北西の風、やや強く・・・」またまた、向かい風だ! 朝の風は冷たい。冬に逆戻りしたようだった。今日も走る距離は長い。愛知県を通り抜け、三重県鈴鹿市近辺まで行く予定だ。豊川~知立は一度走っているし、刈谷~名古屋も走っている。今日はすんなり行けるのか?



吉田



路線電車が走る街、豊橋市からスタートです。昨日は途中、旧東海道から離れ、最短距離で豊橋駅近くのホテルへと向かった。かなり、ショートカットしている。もと来た道を戻ろうか?・・・いや、ココはちょっとズルをして、次の宿場へ向かうことにした。だが、本陣跡だけは押さえておこうと吉田宿の本陣跡を目指すが・・・道を間違え、本陣跡を見つける事できず。



路面電車の走る街豊橋



路線電車が走る街、豊橋市




続きを読む

東海道五十三次 3日目(後編) ・・・掛川宿(かけがわしゅく)~二川(ふたがわしゅく)、ニュー東洋ホテル


・・・ 前編の続き



掛川



風は常に向かい風。昨日の雨の中の走行よりキツイかも。スピードも12~15キロぐらいしか出ていない。ペダルが重い。3日目で疲れも出てきたか? 掛川宿(かけがわしゅく)へ



葛川一里塚 東海道七曲がり 新町の七曲がり



葛川一里塚を過ぎて、やがて新町の七曲り。ここは坂道ではない。新町の七曲りは容易に敵を進入させないための構造だといわれている。掛川は掛川城の城下町なのだが・・・ 掛川城は見ずにとおり抜けてしまった。時間がなく、なかなか寄り道ができない。5日間で五十三次走破には少々無理があったか? 観光なしで、先へ先へ!



掛川市マンホール



代わりにマンホールの中で掛川城を見る事ができました。

次はいよいよ袋井宿(ふくろいしゅく)だ。




続きを読む

東海道五十三次 3日目(前編) 丸子宿(まりこしゅく)~日坂宿(にっさかしゅく) ・・・


3日目



東海道五十三次の旅、3日目。筋肉痛がひどい。太ももがパンパンにはっている。箱根峠の疲れが一日おいてやってきた。天気の方は回復し・・・ いやいや、確かに雨は降っていないのだが、5月だというのに西高東低の冬型の気圧配置。気温が上がらず、日本海側では雪の予報も。北西の風、強く・・・ と、旧東海道を西へ行く僕にとっては常に向かい風となります。今日は風との戦いです。



5:30頃、起床。6:00に旅館のロビーへ。「ご用の方はお電話ください」とある。電話で旅館の主人をたたき起こす。眠そうに目をこすりながら起きてきた。悪い事をしたな。事前に朝早いと言っとくべきだった。「今日は晴れるといいですね」どうやら朝方まで雨が降っていたらしく、空は曇り路面もまだ濡れている。「雨は大丈夫だと思うけど、風がね・・・」今日は、丸子宿からスタートです。




続きを読む

東海道五十三次 2日目(後編) ・・・由比宿(ゆいしゅく)~府中宿(ふちゅうしゅく)、旅館柳屋


・・・ 前編の続き



スマホの雨対策



雨がだんだんと強くなり始めた。県道396号を走る。歩道橋の下でスマホとGPSロガーの雨対策、ビニールをかぶせただけだが・・・ 十分、雨対策にはなりそうだ。。スマホはビニールの上からでも操作できた。スゴイ!



由比



東名高速の高架下を過ぎたら旧東海道は左へ。



日本一桜えびのまち由比



一里塚跡。「日本一桜えびのまち 由比」駿河湾に面した由比では、さくらえび漁がさかんで名物となっている。



由比本陣公園 正雪紺屋



11:00 由比本陣。由比本陣公園として復元されている。跡地に東海道広重美術館。本陣公園の向かいには「由井正雪(ゆいしょうせつ)の生家」。



薩タ峠上り口の一里塚



今宿から右に曲がる。やがて一里塚、薩?(さつた)峠の登り口だ。


続きを読む

東海道五十三次 2日目(前編) 三島宿(みしましゅく)~蒲原宿(かんばらしゅく)・・・


2日目



2日目の朝、外はドンヨリ曇り空。今にも雨が降り出しそうです。天気予報は「曇りのち雨」。午後から雨となりそうだ。午前中にどこまで行けるか? 天候しだいでは午前中で終了も・・・ 昨日はその為に少々無理して箱根の峠を越えて、三島宿まで突っ走ってきたのだった。



東海道五十三次ガイド本 東海道五十三次ガイド本2



文庫本サイズの東海道五十三次ガイド本。この本に載っている地図を元に、スマホで現在地をチェックできるようにGoogleマップで街道地図を作った。スマホをナビ代わりに使えば道に迷う事もない、のだろうが・・・ 如何せん、バッテリーのもちが悪い。

そこでガイド本の地図の方に、道を間違いそうな交差点や場所の目印となる建物などをチェックし書き込んでおく事にした。前日寝る前に、Googleマップとガイド本の地図とを照らし合わし、チェックポイントとして書き込む。これが旅の日課となった。



ポイントを目指し走り、ポイントに着いたらガイド本を取り出して、次のポイントを確認して次へと走る。この方法でほぼ正しく旧東海道をなぞることが出来ました。いざとなればスマホのナビを起動。これでバッテリーを節約できた。



あと各宿への到達予定時間も書いておきます。昨日は三島宿へは18:00着の予定でしたが30分遅れの18:30着でした。今日は6:00三島宿~12:30静岡市・府中宿~17:00掛川宿を予定しています。雨が心配だが・・・ はたして、


続きを読む